2019/04/30 10:14

子どもの宿題、親はどこまで見るべき?

 学習塾で子どもたちを教えていると、多くのお母さんからいただく相談が「学校の宿題、どこまで手を出していいのでしょうか?」というもの。家庭で宿題を見ることは、簡単なことではありませんよね。いったいどうしたらよいのでしょうか。

 多くのお母さんの悩みは「やりなさい!」と言ってもなかなかやれなかったり、大騒ぎ(反抗)したりする、というものです。やらなければならないこととは分かっていても、「遊びたい」「後回しにしたい」というのが子どもです。子どもにとって、そんな気持ちを躊躇なくぶつけることができるお母さんだからこそ、「やれ」と言われると反抗し大騒ぎしてしまうのです。

 また、聞いてみるとこれもとても多いのですが、宿題を「早くやってしまいなさい」と言っていませんか? すべきことを早く終わらせることは理にかなったことですが、「やってしまおう」と言うほど、子どもは“宿題=嫌・面倒なもの”と印象づけてしまいます。

 多くの場合、お母さんは子どもに宿題をやるように言っても、自分がするわけではありません。すると、子ども心に「どうして自分ばっかり面倒なことをしないといけないんだ!」という気持ちが湧き上がり、兄弟が遊んでいればそちらに気を取られ、お母さんがテレビを見ていれば一緒に見たくなってしまいます。自分の気持ちを制御して、やるべきことに向き合う力が育ちきっていないのが小学生頃の子どもたち。楽しそうなものやうらやましいものが近くにあれば、そちらを優先してしまうのです。

 では、宿題に前向きに取り組ませるために、すべきことはなんでしょうか。実は、やれと言われてやるものは、終わらせるための「作業」になってしまいがち。漢字練習をしても書くだけで覚えなかったり、算数で分からなければ答えを教えるようにせがまれたりします。そこで大切なのは、“自分からやる”ようにサポートすること。宿題をやるように声をかけるのなら、「どの時間でやるか、自分で決めてね」と選択権を渡してあげましょう。

「今は、お勉強の時間!」と、お母さんも読書をしたり仕事をしたりして、“一緒にやるべきことに向き合う”のもよいでしょう。大好きなお母さんが前向きに取り組んでいることは、子どももやりたいと思いますし、自分だけじゃないと思えばつらくありません。

 自ら宿題に取り組めると、自学の習慣もつきやすいです。ぜひ、命令してやらせるのではなく、子どもが前向きに取り組めるよう、サポートしてあげてください。

(Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 50784

    次世代のスーパーフルーツ!? 『豊潤サジー』がアラフォー女性に必要なワケ

    ここ数年、健康・美容のトレンド・ワードとしてすっかり定着したスーパーフード。栄養価が高く低カロリーのため、健康への意識が高い女性たち、とくに多くの海外セレブが発信元となって広まりました。中でも、アサイー、マキベリー、とい … 続きを読む 次世代のスーパーフルーツ!? 『豊潤サジー』がアラフォー女性に必要なワケ

  2. 48836

    年齢肌のエイジングケアに、新しい薬用オイル『プラシラ』が登場!

    トコハナロジー(tocohanalogy)の『プラシラ(PRACILA)』は、シミへの不安が増す30~40代女性のスキンケアに活用したい薬用美白(※)オイルです。というのも、30代を過ぎると「最近、急にシミが増えた」「肌 … 続きを読む 年齢肌のエイジングケアに、新しい薬用オイル『プラシラ』が登場!

  3. 48832

    35歳がお肌の曲がり角!“キレイの源”コラーゲン対策に大注目の食材って?

    30~40代の毎日仕事で忙しい女性や、育児で肌ケアが疎かになりがちなママのビューティケアに欠かせないのがコラーゲン。代表的な美容成分の一つとしても知られていますよね。でも、正しく理解しないまま、何となく取り入れているとい … 続きを読む 35歳がお肌の曲がり角!“キレイの源”コラーゲン対策に大注目の食材って?

注目キーワード

ランキング