2019/08/25 18:15

安藤サクラが視聴率で苦戦する「いだてん」出演を決意した理由とは?

 NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」に、女優・安藤サクラが出演することが8月22日に明らかになり、早くもネットでは「安藤サクラが降臨!!ひぃ~やぁ~~!!!!」「夏バテも吹っ飛ぶ!嬉しい~~」といった歓びの声が上がっている。

「安藤が演じるのは、1964年の東京オリンピックで“東洋の魔女”の異名をとった女子バレーボール日本代表の河西昌枝キャプテン役。安藤は2018年後半の朝ドラ『まんぷく』でもヒロイン・福子を演じたばかり。一昨年に第一子を出産。乳飲み子を抱えて朝ドラの撮影に参加する姿は、視聴者からも称賛を声が寄せられました。視聴率低迷が叫ばれる大河ドラマのカンフル剤になることは、間違いなさそうですね」(スポーツ紙記者)

 しかし“東洋の魔女”といえば、“鬼の大松”監督に率いられ過酷な練習を積み、「回転レシーブ」を編み出すなど、かなりハードな撮影が予想される。

「演技派女優として知られる安藤ですが、2014年に公開された主演映画『百円の恋』では、筋金入りのボクシング映画にも挑戦。短い撮影期間の中、わずか10日間でボクサー体型に絞りボンクシングシーンに挑む鬼気迫る姿が絶賛され、翌年、日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞。今回“東洋の魔女”を演じるにあたりどんな役作りをしてくるか、今から楽しみです」(前出・スポーツ紙記者)

 しかし、大河ドラマ史上最低視聴率が噂される「いだてん」になぜ、国民的な朝ドラ女優の安藤が出る決心をしたのか。

「安藤は2016年、宮藤官九郎脚本のドラマ『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系)で連ドラ初ヒロイン役を演じています。映画の世界では有名な安藤をドラマの世界でメジャーにしてくれたのは、クドカン。低迷する今回の大河を、クドカンの危機を、なんとかしたいという思いがあったのでは」(夕刊紙デスク)

 さらに夕刊紙デスクは今後の安藤の展望についても、こう予測する。

「朝ドラの“ママさんヒロイン”として活躍した安藤は、NHKにとっても貴重な存在。いずれは、宮崎あおいのように大河ドラマの主役にも抜擢したい。今回の出演はそのための第一歩ではないか、と考えているスタッフもいるようです」

 安藤の大河ドラマデビューは、10月27日。演技もさることながら、早く“回転レシーブ”を観てみたい!?

(窪田史朗)

Asa-Jo チョイス

  1. 81247

    主婦やママも活躍! 女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

    ガールズケイリンをご存知ですか? これは、2012年7月に復活した女子選手による競輪競走のこと。女子選手たちの経歴はさまざまで、他のスポーツからの転身組はもちろん、教員、美容師、看護師からモデル、お笑い芸人まで、中には主 … 続きを読む 主婦やママも活躍! 女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

  2. 80350

    見た目や年収など“条件”で選んだ結婚は破綻する!?本気で幸せな将来を望む女性に最適な婚活とは?

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増しているそうです。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約4倍強なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」こと … 続きを読む 見た目や年収など“条件”で選んだ結婚は破綻する!?本気で幸せな将来を望む女性に最適な婚活とは?

  3. 48832

    35歳がお肌の曲がり角!“キレイの源”コラーゲン対策に大注目の食材って?

    30~40代の毎日仕事で忙しい女性や、育児で肌ケアが疎かになりがちなママのビューティケアに欠かせないのがコラーゲン。代表的な美容成分の一つとしても知られていますよね。でも、正しく理解しないまま、何となく取り入れているとい … 続きを読む 35歳がお肌の曲がり角!“キレイの源”コラーゲン対策に大注目の食材って?

注目キーワード

ランキング