TOKIO・城島茂が後輩のV6・坂本昌行のデビューを潰していた過去!

 ジャニーズのアラフィフタレントのなかには、意外な同期がいる。一例を挙げると、元光GENJIの佐藤アツヒロと元SMAPの中居正広、TOKIOの城島茂、V6の長野博は同期だ。86年に入所している。翌87年には、残りのSMAPである、木村拓哉、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾、森且行の6人が入所。翌88年にはTOKIO・国分太一、V6・坂本昌行と井ノ原快彦が入ってきた。

 昭和世代の彼らは、誰が光GENJI、SMAP、TOKIOに振り分けられてもおかしくなかった。現に、佐藤、中居、長野は光GENJIのデビューに向けて開かれていたローラースケート教室に通っていた。長野はジャニー喜多川社長から直接、「YOUを(光GENJIに)入れればよかった」と後悔されている。

 SMAPの前身グループであるスケートボーイズには国分、坂本もおり、実際にサポートメンバーとして活動している。その坂本は、TOKIOのサポートボーカルを務めたこともある。

 80年代後半、その坂本はジャニーズユニットのキーマンだったという。当時を知るアイドル誌ライターが振り返る。

「TOKIOは、CDデビュー記者会見が開かれるおよそ2カ月前、大阪・松竹座で1日10公演という鬼スケジュールをこなしています(94年5月15日)。このとき、抜群の立ち回りをしていたのが坂本でした。その身のこなしが認められて、後日、ジャニーさんから『TOKIO、どう?』と誘われました。坂本は『楽器できないから、ちょっと考えさせて』といったん保留していました」

 22歳だった坂本が保留したことで、事態は大きく動きだす。しばらく経ってからジャニーさんに、「やる!」と電話で伝えると、「明日もう発表(記者会見)だよ」と断られ、坂本はビッグチャンスを逃したのだ。

「坂本の加入について、ジャニーさんに進言したのは、城島です。坂本との最初の電話を切ったあと、ジャニーさんは城島に連絡を入れ、『坂本、TOKIOにどう?』と意見を仰いでいます。そして、『坂本、歌うまいから聴いてもらっていい?』と、電話越しで坂本が歌った『俺んち来るべ』という曲のデモテープを聴かせたのです。坂本の歌唱を聴いた城島は、『たしかにうまいけど、明日だよ、記者会見。間に合うの?間に合わないよね」と、冷静に意見したそうです。ジャニーさんは『だよね』と素直に応じ、翌日、5人でマスコミの前に立ちました」(前出・アイドル誌ライター)

 シレッと後輩つぶしをしていた城島。TOKIOデビューの翌95年、坂本はV6としてデビューできたが、このとき胸をなでおろしたのは、ほかならぬ城島だったに違いない。

(北村ともこ)

Asa-Jo チョイス

  1. 125211

    実はワタシ、ドロドロの世界を垣間見たい欲望に満ち溢れているの

    「偽善ヅラのマウント女に仕掛ける壮絶な復讐」、「ウソをバラまき新居を乗っ取ろうとする執拗な姑」、「親の借金、妹の賠償、金に翻弄される不幸女のドロ沼」……etcこんな文言に見覚えがある方もいらっしゃるのではないでしょうか? … 続きを読む 実はワタシ、ドロドロの世界を垣間見たい欲望に満ち溢れているの

  2. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

  3. 107566

    レーシングドライバー「佐藤蓮」って何者?バーチャル“おうちデート”でギャップ萌え!

    イケメンのレーシングドライバーとデートしませんか?──編集部からライターの自分に唐突な依頼。戸惑いながらも、「ぜひっ!」と即決。とはいえ、アラフォーの私はレースのことは詳しくないし、しかも19歳って……。不安ながらもワク … 続きを読む レーシングドライバー「佐藤蓮」って何者?バーチャル“おうちデート”でギャップ萌え!

注目キーワード

ランキング