松本人志もビックリ!?賀来賢人「ニッポンノワール」で突如のバスト相撲展開

 俳優・賀来賢人が主演するドラマ「ニッポンノワール-刑事Yの反乱-」(日本テレビ系)の第2話が10月20日に放送され、主人公の刑事・遊佐清春(賀来)と後輩刑事の名越時生(工藤阿須加)が上半身裸でバストトップ相撲をするシーンが登場。驚きの声が上がっている。

「このドラマは、今年1月期に放送されたドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』(日本テレビ系)の半年後に起きた女性刑事・碓氷薫(広末涼子)殺害事件とその背景にある『十億円強奪事件』の真相を暴くアンストッパブルなミステリー。第二話では、事件の犯人ではないかと疑われた主人公・清春(賀来)の自宅を捜索するために特殊部隊SITが突入。手に汗握る展開なのですが」(テレビ誌ライター)

 特殊部隊SITの隊員が突入して銃を向けると、清春と時生が、両バストトップに洗濯バサミを付けて真剣勝負。清春が気合一発、時生の両先端から洗濯バサミをむしり取ると、時生は痛みのあまり「俺の夢と希望がぁ!」と絶叫。その姿を見た視聴者からは「いきなり!」「ひゃだ!!!」「くそシリアスやってるのにギャップぱねぇ」といった声が躍った。

「緊迫感溢れる場面で突然のバストトップ相撲はインパクト大。去年放送された賀来主演ドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系)を彷彿とさせる場面にファンも大喜び。シリアスからコメディまで、自在に演じることができる賀来に賞賛の声が集まりました」(前出・テレビ誌ライター)

 しかし、“バストトップ相撲”といえば忘れてはならないのが、ダウンタウンの松本人志だ。

「今年の7月、闇営業問題で大揺れに揺れた吉本興業。7月21日に番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演した松本は、『僕の希望は、岡本社長と宮迫が“乳首相撲”をやること。これですべて解決する』と発言して、話題を集めました」(スポーツ紙記者)

 しかし、これは松本にとって単なるアドリブのボケではなかった。

「実は松本は、去年『阿蘇ロックフェスティバル』に参加した際も、“熊本県民vsワイドナショー”で自らバストトップ相撲を披露。さらに人気バラエティ番組『ダウンタウンのごっつええ感じ』(フジテレビ系)の中では以前、あのカリスマパンクバンド『THE BLUE HEARTS 』の(甲本)ヒロトとマーシー(真島昌利)にやらせるなど、“バストトップ相撲は世の中のものをすべて解決する”が松本の持論でもあります」(放送作家)

 第二話の平均視聴率は6.5%とイマイチだが、今回のバストトップ相撲で視聴率の問題もすべて解決するか!?

(窪田史朗)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング