10年ぶりのアンタッチャブル共演を無告知で放送した「脱力タイムズ」の成功

 お笑いコンビ・アンタッチャブルが10年ぶりの漫才で共演し話題を呼んだ「全力!脱力タイムズ」(フジテレビ系)だが、告知をしなかった同番組の構成にも称賛の声が上がっている。

 連打パンチのごとく次々にボケを放ち続ける山崎弘也と、それらをマシンガン級のツッコミで一掃する軽妙な柴田英嗣というコンビネーションを再び満喫するまでに、ファンは長すぎる歳月を待ち続けてきた。普段からドッキリに近いテイストを保ったまま進行される同番組にて、柴田は当初、“ザキヤマ”こと山崎に扮した俳優の小手伸也と漫才を披露していると、突如としてザキヤマ本人が登場。「バカ、ダメだって!」と柴田すらも慌てふためく中、2人は絶妙な即興漫才を始め、10年というブランクを感じさせないコンビ芸を見せた。

「本来であれば、過去にどんな番組でも成し得なかったアンタッチャブルのコンビ復活は同放送回における最大の見せ場のはずですが、『脱力タイムズ』はこれを無告知のまま放送し、その分、サプライズの価値を一層高めています。また、視聴者は過剰な予告や煽りの演出が頻繁に駆使されるバラエティ番組の潮流に辟易しているからか、告知をしなかった同番組を称える声がネットやSNSで殺到。翌日にはフジテレビから12月8日放送の『THE MANZAI 2019』でアンタッチャブルが正式に新作漫才を披露することが発表され、無告知の『脱力タイムズ』で生じたバズや話題性を、『THE MANZAI』の宣伝として利用するというクレバーかつ斬新な手法を見せた格好です。これはファンや視聴者からも好評を得られるやり方であると同時に、SNSで多分に拡散されるであろう“斜め上”なメソッドとも言えるでしょう」(テレビ誌ライター)

 もちろん大きな話題となった背景にはアンタッチャブルが本来備えている人気と実力があることは当然だが、「脱力タイムズ」と「THE MANZAI」はその奇抜なプロモーションの方法によって大量の“いいね”を収集することに成功したと言えそうだ。

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング