2020/02/02 10:14

子どもの野菜嫌いは「おやつ」で克服!

 強い香りや苦味に敏感な子ども時代は、野菜を嫌って口に入れようとしないことが多いです。一度「嫌い!」と認識してしまうと自分から手を出さなくなってしまうため、困ってしまいますよね。そんな場合は、次のような「おやつ」の工夫で「気付いたら食べちゃってた!」(ぼく・わたし、食べられるんだ!)を目指しましょう。

■「ホットケーキ」に野菜をすりつぶして混ぜる

 クッキーやカップケーキは作るのに時間がかかってしまいますが、ホットケーキミックスを活用すれば、短時間で子どもたちに大人気のパンケーキを作ることができます。このとき、嫌いな野菜を練りこんでしまうのがオススメ。すりおろしたにんじんやほうれん草などを生地に混ぜて焼くと、色とりどりのホットケーキが出来上がります。見た目もかわいく、ホットケーキなら野菜も食べられちゃう!という子が多いんですよ。

■「芋餅」に練り込む

 かぼちゃやジャガイモなどの“もっさり食感”が嫌いな場合は、芋餅にするのがオススメ。嫌いな野菜単体で作ると、味がかなり濃くなって食べられないケースもあるので、かぼちゃとサツマイモを半々にして混ぜたり、蜂蜜などで甘みを足してあげると食べやすくなります。芋餅ではどうしても味が気になるという場合は、「プリン」の材料に混ぜ込んでおくのもよいでしょう。

■和風好きには「おやき」で勝負

 おやきに、里芋やジャガイモ、チーズなどを入れてもっちりと仕上げると、和食好きにはたまらない一品になります。ここにほうれん草やひじきなど、苦手な食材を入れて一口大に仕上げると、パクッと食べてしまうかもしれません。甘みのあるお菓子には合わない野菜を入れたいときに、重宝しますね。

 子どもは心身の成長とともに味覚も変化しますから、「野菜嫌いを気にせず、気長に待っていたら自然に食べられるようになった」ということもあります。ママも子どもも、必要以上に戦う必要はないと思いますが、栄養バランスを考えると野菜は食べて欲しいもの。そんな場合はぜひおやつを活用し、楽しんで食べられるようにしてあげましょう。

 後から食べられたらことを伝えてあげると、野菜嫌いの気持ちが解けて、普段の食事でも食べられるようになるケースが多いですよ。

(Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 81247

    主婦やママも活躍! 女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

    ガールズケイリンをご存知ですか? これは、2012年7月に復活した女子選手による競輪競走のこと。女子選手たちの経歴はさまざまで、他のスポーツからの転身組はもちろん、教員、美容師、看護師からモデル、お笑い芸人まで、中には主 … 続きを読む 主婦やママも活躍! 女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

  2. 88597

    外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

    緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出が自粛となっている中、「いつもより運動量が減っている……」という人も多いでしょう。そんなときの対策として、“自宅でスクワットをする習慣を持つ”というのも一つの方法です。スクワットは「 … 続きを読む 外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング