2020/02/28 18:14

室井佑月、イベント中止の損失を国が補填すべきと主張して物議!

 作家でタレントの室井佑月が2月27日放送の「ひるおび!」(TBS系)に出演。新型肺炎の拡大を防止すべく、政府が26日に大規模なイベント行事の開催自粛を要請したことについて言及している。

 新型コロナウイルスの感染が広がる中、多勢の人を一カ所に集める全国的行事について、安倍晋三首相は強制ではないものの、「大規模な感染リスクがあることを勘案した」として開催の自粛を要請すると、26日にライブを予定していたPerfumeやEXILEらも次々に当日キャンセルを発表。

 イベントの主催者側にとっては大きな経済的損失を出してしまう格好になり、室井は「公演を中止にしたら違約金が発生するわけで、少しでも良いから(政府による)補填ということを考えてくれれば、それは大勢のためにそうするわけだから、国としてイベントとかを自粛しろって言うんじゃなくて、どういう風に補填してくれるのか。そっちの方も大事だと思う」とイベントをキャンセルしたことによる経済的損害を一部でも政府が補填すべきと主張した。

「25日時点で厚生労働省はイベントの開催自粛要請が全国一律のものではないとしていましたが、一部からは“基準が曖昧な内容”だと指摘を受けると、その翌日になって突然全国一律での自粛要請となったことから、ライブの当日キャンセルという事態になってしまいました。これはもはやチケットの払い戻しで済む問題とはならず、当日に新幹線を利用して現地に駆け付けたファンや、開催されるという前提で宿泊したホテルなどの費用はどうなるのかという“嘆き”もSNSでは散見されています。しかし、一方で、イベンターが大きな興行を企画すれば、そこには利益を得られる可能性と共に不測の事態が起きた場合の損失リスクも伴うのは明白で、民間主催のイベントが仮に“国の事情”によって中止せざるを得なかったとしても、その補填を政府に求めるのは現実的ではないでしょう。世間からも室井の指摘には『違約金の補填しろ? 実現の可能性ゼロでしょ』『補填は言い過ぎ。なぜ日本の税金で補填しなくちゃいけない』との反論が出ています」(エンタメ誌ライター)

 今回の新型肺炎の感染による影響はなにもイベントやライブのキャンセルだけでない。あらゆる方面に経済損失をもたらしていることから、一部に対して政府の補填が適用されるというのは望み薄な提案だと言わざるを得ないだろう。

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 81247

    主婦やママも活躍! 女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

    ガールズケイリンをご存知ですか? これは、2012年7月に復活した女子選手による競輪競走のこと。女子選手たちの経歴はさまざまで、他のスポーツからの転身組はもちろん、教員、美容師、看護師からモデル、お笑い芸人まで、中には主 … 続きを読む 主婦やママも活躍! 女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

  2. 88597

    外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

    緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出が自粛となっている中、「いつもより運動量が減っている……」という人も多いでしょう。そんなときの対策として、“自宅でスクワットをする習慣を持つ”というのも一つの方法です。スクワットは「 … 続きを読む 外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング