ナイナイ岡村演じる“菊丸”の正体判明で「麒麟がくる」がV字回復

 大河ドラマ「麒麟がくる」(NHK)の第9話が放送され、平均視聴率が15.0%に回復。さらにナインティナインの岡村隆史が演じる“菊丸”の正体が明らかになり、大きな注目を集めている。

「長谷川博巳演じる明智光秀を主人公に、天下統一を目指して戦国時代を駆け抜けた英傑たちを描くこの青春群像劇。第9話では、帰蝶(川口春奈)との祝言をすっぽかした信長(染谷翔太)が朝帰り。その信長が父・織田信秀(高橋克典)に元を訪れ、“祝いの品”を渡すも、激しく叱責されるといった展開を見せました」(テレビ誌記者)

 実はこの“祝いの品”こそ、後の徳川家康となる竹千代の父・広忠の首。この過激な行動が今川家と織田家の戦のきっかけになると信秀は叱責するのだが、この事実をいち早く知っていたのが岡村演じる“菊丸”だった。

「広忠の死を確認した菊丸は、竹千代の母・於大とその兄・水野信元の元へ。広忠を手に掛けた者が織田の手の者であると告げ、『我らは、竹千代様の影となり、命に代えてもお守りいたします』と言うやその場から姿を消す菊丸の姿に、ネットでは『菊丸は忍びだったんだ!只者じゃなかったもんね』『のちの徳川家康を、守り続けるという菊丸。なんと凛々しい』といったコメントが躍りました」(前出・テレビ誌記者)

 岡村演じる“菊丸”は、今回の大河ではドラマの鍵を担う重要なオリジナルキャラクター。第1話では、野盗に捕まった三河農民として登場したが、その後、光秀と尾張に潜入した際は、光秀の危機を救うなど、“菊丸=忍者説”が噂されていた。今回、菊丸が竹千代の実母・於大に仕える忍びの者だと明らかになったことから、今後の菊丸の活躍に期待する声が高まっている。

「番組の制作統括でもある落合将チーフプロデューサーは、『駿河と尾張の狭間で翻弄される悲しき三河の民を、岡村さんが全身全霊で演じてくれています』『やがて家康(風間俊介)も影に日向に、家康を全力で守っていく』と話しています。本能寺の変の最終回まで、ドラマの鍵を握ることは間違いなさそうです」(前出・テレビ誌記者)

 信長の登場と共に、“菊丸”の正体が明かされ、視聴率もV字回復。今後も菊丸の活躍から、ますます目が離せない。

(窪田史朗)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング