中川翔子「聖火ランナー抜擢」を7年も前に予告していた!

 タレントの中川翔子が、東京オリンピックの聖火ランナーとして出身地の東京・中野区を走ることが決まり、その喜びを自身のツイッターに綴った。

「3月13日のツイッターで『生まれ育った愛する中野区で走れること、光栄の極みです!!今世の中は大変な状況ではありますが、こんな時だからこそ、中野区代表として皆さんの思いを繋ぎ、走る姿を通して元気を届けられたら嬉しいです!』と喜びのコメントをつぶやいています」(エンタメ誌ライター)

 中川が聖火ランナーを務めることは昨年発表されているが、それ以前に彼女は東京五輪・パラリンピックのマスコット審査会のメンバーも務め、さらには“聖火”にまつわる絵本も描いている。

「中川は昨年12月4日にアルバム『RGB~True Color~』をリリースしていますが、その限定盤に『ちび太の聖火ランナー~2020 ver.~』というタイトルのオリジナルの絵本が付いているのです」(音楽関係者)

 この絵本は、愛猫家である中川の飼い猫・ちび太をモデルにした物語。昨年12月22日の自身のブログで「ちび太の聖火ランナーという絵本を、五年以上前から描いていました」「言霊パワーって本当にあるのではと思える まさか本当に自分が聖火ランナーになるとは!」と喜びの言葉を綴っている。しかも驚くべきことに、中川は7年近く前のブログでもオリンピックのことについて触れている。

「ブログでは『東京中野オリンピック』という出だしで始まり『7年後の2020年に東京オリンピック開催が決まったことに標準(原文ママ)を合わせて、10人の猫たちも金メダルを目指して頑張ることに決定しましたあ!!!!!』『マミタスは走り幅跳び ミルクバンはホーガン投げ』など、飼い猫を選手に見立てた物語を妄想しています。このブログには“聖火”の文字は出てきませんが、おそらく絵本『ちび太の聖火ランナー』の原点となっているのではないでしょうか」(前出・エンタメ誌ライター)

 このブログが、今回中川が聖火ランナーに選ばれるきっかけになったとまでは言わないが、何かしら縁があったことは確か。新型コロナの感染拡大で大会の延期も現実味を帯びてきたが、本番ではぜひ、絵本の猫のように楽しく走って欲しいものだ。

(窪田史朗)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング