浜崎あゆみモデルのドラマ「M」、視聴者爆笑の“ツッコミどころ”

 歌手・浜崎あゆみのデビュー前からスターダムにのし上がるまでを、彼女を支えたエイベックスの松浦勝人専務(当時)との関係を軸にして赤裸々に描いたフィクション作「M 愛すべき人がいて」(小松成美・原作)のドラマ化作品の第1回が4月18日、テレビ朝日系で放送された。

「原作の小説は、様々な意味で話題になっていましたね。浜崎さんの昔からのファンからは批判も多かったのですが、映像化されてどのような出来になるのかが注目されていました」(テレビ誌ライター)

 視聴者からは「土曜の夜だけど、外に飲みにも行けないから見てみたけど、面白かったよ、ツッコミどころ満載で(笑)」「90年代中頃の雰囲気が懐かしいな。ヴェルファーレっぽいクラブも出てきたし」「田中みな実の演技が凄すぎてストーリーが頭に入らない!」「安斉かれんさんは確かに昔のあゆの雰囲気あるけど、演技はいただけない」「TRFとかELTを思い出させるアーティストも出てて懐かしい」「マサのライバルプロデューサーは小室哲哉だよね?描き方に悪意しかなかったけど大丈夫なの?」「演技とかストーリーはつまらんけど、別の意味で笑えたし来週も楽しみ」といった大反響を巻き起こしている。

「第1回放送では、アユが故郷から出てきてマサに見い出され、歌を歌っていきたいと決心するまでが描かれていました。フィクション作品ですし、登場人物はみな架空の人物ではあるのですが、それぞれのモデルがわかりやすいですし、当時を知る層にはツッコミながら、その頃を懐かしく思い出すという楽しみ方もできたようですね。新人の安斉さんの演技力はさておき、田中みな実さんや高嶋政伸さんの快演ぶりには次も期待がもてそうです」(前出・テレビ誌ライター)

 第1回目の視聴率は5.6%。新型コロナウイルスによって週末の夜も在宅を強いられる人々の毎週の楽しみになれるのかどうか、注目したい。

(石見剣)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング