家事や育児は女性の仕事!?子育てママの“無意識の自覚”とは?

 妊娠・出産、子育ては、目の前の小さな命を大切だと思えば思うほど、ママの心や体に負担がかかります。そのため、ママが生き生きと過ごすためには、必要に応じて周囲の人の助けやサービスを受けることも大切です。

 一方で、どうしても一人で抱え込み、いっぱいいっぱいになってしまうというママたちの声も多く寄せられます。その背景には、子育てママたちが持つ“無意識の自覚”がありそうです。

 カラダノート社が2020年3月、Webメディア『ママびより』のメルマガ登録者及び同シリーズのアプリユーザー276名を対象に行った「ママを取り巻くアイコンシャスバイアス(無意識の偏見)の調査」で、ママが無意識に感じている子育てについての考え方を調べた結果、次のような自覚が判明したといいます。

「ママは、家事や育児をするのは当たり前だ(パパが少し家事や育児を負担するだけで世間から褒められる)」(約52%)、「子どものぐずりはママが対応すべきだ」(32%)、「ミルクよりも母乳の方が良い育児だ」(28%)、「子供のしつけがなっていない(公共の場でグズグズしたり、大きな声を出したり)のはママのせい」(24%)、「仕事やキャリアを諦めるのはママの方」(23%)、「子供の体調不良での保育園からの呼び出しは、ママが対応するべきだ」(23%)

 パパの育児参加が広く認められるようになった昨今でも、半数以上のママが「家事や育児=ママの仕事」と感じている様子。その責任感から、さまざまな場面で「ママが○○しなければならない」と感じているようです。

「私だからこそできること」も、「私がしなければ」「できないと私のせいだ」と思ってしまうと苦しくなり、のびのびとできなくなってしまいますよね。自身の自覚に気付き、緩めてあげることで、苦しい家事や育児が楽しいものに近づきそうです。

(Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング