ダイエット中でも食べたいあなたに!“小分けにして食べる”と痩せるワケ

 ダイエットや体重維持のために実践していることはありますか? 実は、ボディメイクに敏感なモデルたちが、密かに行っている方法があるようなんです。

 それは「小分けにして食べる」こと。1回の食事の量を減らして、1日の食事の回数を増やすのです。ではなぜ、この小分けにする食べ方はダイエットによいのでしょうか?

 料理研究家で栄養士の浜内千波さんの著書「知らないうちに痩せている 1日6食ダイエット実践編」(マガジンハウス刊)では、1日6食にするダイエット法を紹介、解説しています。これによると、1日の食事回数を増やす目的は、空腹時間を作らないことだというのです。

 空腹がいけないのは、空腹の状態で食事をすると血糖値が急に上がり、インシュリンという肥満ホルモンがたくさん分泌され、脂肪をため込もうとするからなんだとか。そのために重要なのは、血糖値を急激に上げないようにすること。それが、1日6食に分けて食べることなんだそうです。

 具体的には、朝昼夕の3食に、おやつタイムを2回入れます。消化が活発な15時までの時間帯なら、甘いケーキやクッキーを食べても大丈夫とか。注意したいのは、1日の摂取カロリーの上限を超えないようにすること。これらを守れば実践しやすいダイエット法なので、ぜひ取り入れたいですね。

 また、ダイエットカウンセラーでもある伊達友美さんも、1日5食にすると太りにくくなるといっています。間食を挟むと、「食べたい」という気持ちをコントロールでき、ストレスをためずに食べ過ぎを防ぐことができるのだとか。

「ダイエットはしたいけれど、食べたい……」。そんな人は、ぜひ一度試してはいかがでしょうか。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング