先輩・フジモンに忖度した?シソンヌ長谷川「ユッキーナ評」の“説得力不足”

 お笑いコンビ・シソンヌの長谷川忍が7月12日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)に出演し、昨年秋のタピオカ恫喝騒動を発端に芸能界からの引退を発表したタレントの木下優樹菜について言及した。

 木下は7月に入って活動再開を宣言していたが、わずか5日後にまさかの引退を発表。急転直下となった経緯や真相は謎に包まれており、長谷川も「何があったのかは全く分からないし、何を信じていいか分からない」と話しつつ、「ああいうメッセージを送ったことは、僕個人はキャラの延長線上だったので、もちろんダメなことですけど、そんなに違和感は感じなかった」と、タピオカ店オーナーへの荒々しいメッセージの文面と、木下のキャラとのギャップは感じなかったという。

 また、木下がタピオカ店のオーナーにメッセージを送信したキッカケも、同店に勤務していた姉のトラブルを解決する為だったことから、「仲間を守りたいとか、ヤンキーキャラでしたし」とコメント。続けて長谷川は「そういうのが行き過ぎて、やってはいけない形になったんですけど、今まで皆さん、その感じの歯に衣着せぬキャラクターで喜んでたのに、急にこうなったら全員が敵になる感じが逆に怖かった」「担いでたのに、急にハシゴを外されたというか。その(ヤンキーキャラの)延長線上で、それを面白がってましたよね、皆さんって」などと見解を述べ、木下に対する世間からの掌返しに恐怖すら覚えたようだ。

「一般人相手に、『筋道くらい通しなよ』『出方次第でこっちも事務所総出でやります』との恫喝まがいのメッセージを送り付けた行為が、“ヤンキーキャラの延長線上にある”との指摘にはやや無理があるでしょう。クイズ番組でおバカな的外れの回答をする木下の天然なキャラはウケていましたが、一般人相手にやんちゃをはたらくを視聴者が担いだという意識はありません。ネットにも長谷川の見解に対する疑問の声があがっており、『木下のキャラに視聴者が好感を持っていたという感覚は完全に世間からズレてる』『タピオカ店オーナーを“おばたん”呼ばわりした木下に反感を持つのは自然なことだと思う』『“昔ヤンチャしてました”っていうのをウリにするなら、むしろ今は更生してないと世間にはウケない』との反論が寄せられました。バラエティで“ヤンキーキャラ”として人気が爆発したからといって、私生活でトラブルを起こせば、相応のバッシングを受けてしまうのは当然でしょう」(テレビ誌ライター)

「ワイドナショー」には初登場となった長谷川だが、やはり同じ吉本興業の大先輩であるFUJIWARA・フジモンの元妻へのコメントは荷が重過ぎたのかもしれない?

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング