2020/09/10 07:14

キッチンを整理整頓して広く使うための3つのヒント

「うちはものが多いから……」と、キッチンの整理整頓をあきらめていませんか? 実はちょっとした工夫で、調理スペースや収納スペースを増やすことができるんですよ。

■箱型から立てかけ型へ

 キッチンテーブルを狭くしてしまう要因の一つに、「水切り」があります。スマートタイプにするとすっきりしますが、一度に置くことができる食器が少なくなってしまい、不便だと感じることも。そんな場合は、“板状”の水切りがオススメです。使わないときは立てかけて収納できるので、調理中は水切りを置かずに広々とテーブルを使うことができますよ。箱型にこだわりたい場合は、シンク内にはめ込むタイプがオススメです。

■キッチングッズはかごや仕切りでグループ化

 引き出しや戸棚が広いとたくさんのモノが収納できると思いがちですが、無造作にしまってしまうと広さを効率よく使えず、思うようにモノが入らなかったり、必要なモノを取り出しにくくなったりします。どこに何があるかを分かりやすく整理することは、目的のものを迷子にならずに見つけることができるだけでなく、片付けをラクにもしてくれます。100円ショップなどでも購入できる、かごや引き出しの中に仕切りを作るカラトリーなどを活用して、グループ化してみましょう。

■立体的に収納する

 種類ごとに収納すると、“ものがない空間”を作りやすくなります。例えば、食器の種類ごとに置く場所を変えると、それぞれの高さが低く、棚の上部がデッドスペースになることも。そんな場合は、足付きのトレーを使って2段収納にするなど、“縦”に収納スペースを増やしていくのがよいでしょう。発想を変え、お皿などを立てて収納するグッズを導入することも一つの方法です。

「どこから片付けたらよいか分からない……」という場合は、邪魔だと感じている“大きなもの”から見直していきましょう。筆者は箱型の大きな水切りをマット型に変えたことで調理スペースが格段に広くなり、「我が家でもキッチンを広くできる!」と実感して、家事へのモチベーションが高まりました。まずは、1つの変化から始めてみてはいかがでしょうか。

(Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 96122

    寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

    女性も30代40代になると、仕事やプライベートのことなど悩みは尽きませんよね。とくにカラダのこと。といっても美容面だけではなく、むしろ年齢的には健康面に気を付けたいものです。仕事が終わって帰宅、あるいは家事を終わらせて一 … 続きを読む 寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

  2. 88597

    外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

    緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出が自粛となっている中、「いつもより運動量が減っている……」という人も多いでしょう。そんなときの対策として、“自宅でスクワットをする習慣を持つ”というのも一つの方法です。スクワットは「 … 続きを読む 外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング