桑田真澄がバカ親に見える?Mattの「タクシーで高校通学」話に失笑の嵐

 見た目も考え方も「浮世離れ」。そんなキャラクターがお茶の間にも認知された感のあるMatt。そんなMattがちょっと怪しげなエピソードを明かして、視聴者から総ツッコミを浴びてしまった。

 9月28日放送の「世界まる見え!テレビ特捜部 2時間SP」(日本テレビ系)で、堀越高校時代の通学エピソードを披露したMattは、自宅が東京・世田谷区ということもあって「最初は電車に乗ったことがなかった。世界に小田急線しかないと思っていた」と、世田谷区のど真ん中を走る小田急線だけが世界の電車だと思っていたかのような仰天発言。

 ただ、小田急線だけでは堀越高校のある中野区には行けないため、「じゃあタクシーで行こう」と、これまたビックリのタクシー通学をしていたと告白。ちなみにタクシー代は「往復で2万」だったとか。でも、あるタイミングで先生から「そろそろ電車の乗り方、覚えなさい」と注意されたことで、「初めて中央線とか山手線とかいろいろ覚えた」と回想。この浮世離れエピソードが披露されると、視聴者は失笑の嵐となったようだ。

「仮に事実だとしても、タクシー通学を許す親、つまり桑田真澄さんの教育に疑問の声が出ますよね。SNSでは『金持ち自慢はバカ親さらしになると思ったほうがいい』『これをウチってすごいでしょと思って話してるなら相当イカれてる』『桑田がコーチになれない理由がわかった』と、批判の矛先が桑田パパにも。さらには『世田谷の一等地から堀越までは渋滞しても片道5000~6000円程度ですけど』『入学する時に経路ぐらい調べると思う。山手線も知らないとか盛りすぎにも程がある』『長嶋一茂に対抗してるのかな?』といった呆れ声も多かったですね」(女性誌ライター)

 そんなMattはセカンドシングル発売と同時に、音楽活動名を「Matt Rose」にすることを9月29日に発表。それを聞くやネットには「歌手になりたいとか言ってた花田優一と組んだらいいんじゃね?」「花田優一とコンビでぜひ紅白に出てください。笑えるから」と、2人のコラボを面白半分で提案する人も多発。

 それにしても、友達としゃべったり本も読めないタクシー通学、そんなに羨ましくないと思うんですけど、どうなんでしょ?

(山田ここ)

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング