稲森いずみ「極主夫道」での美しすぎる“姐さんぶり”に絶賛の声

 俳優・玉木宏主演のドラマ「極主夫道」(日本テレビ系)の第2話が10月18日に放送され、平均世帯視聴率10.1%と2話連続2ケタ視聴率をマークした。

 注目を集めているのが、女優・稲森いずみの「極道の妻」ぶりだ。

 このドラマは、漫画家・おおのこうすけの同名漫画が原作。極道から転身した史上最強の専業主夫・龍(玉木)の奮闘ぶりを描く仁義なきヒューマン任侠コメディだ。稲森は、龍が所属していた「天雀会」会長・江口菊次郎(竹中直人)の妻・雲雀役で出演している。

 第2話では、組が解散に追い込まれ金策に困り、雲雀がスーパーで働き出すといった展開。そこで地域の食のイベントへの出店場所を巡って、婦人会同士の抗争に発展。雲雀の仲立ちで両婦人会が「喧嘩祭り」を行い正面から激突することとなった。

「雲雀の口上も勇ましく、ドラの音とともに『玉ねぎのみじん切り対決』『血のついた服の汚れ落とし対決』、そして最後に『セールス品争奪戦』を繰り広げ、激闘の末に両者を仲直りさせる手腕は、さすが天雀会の姐さん。着物姿にサングラスでキメたその姿は、まさに伝説の映画『極道の妻たち』シリーズの姐さんそのもの。ネット上には『稲森いずみさんって本当に綺麗』『似合いすぎてて、美しすぎて、最高すぎる』、さらには『稲森いずみさんってやっぱ、岩下志麻さんのオマージュですかね』といった声が寄せられています」(芸能ライター)

「極主夫道」がヒットした暁には、稲森主演のスピンオフ企画もありえるのでは?

(窪田史朗)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング