2017/04/08 10:15

羽生結弦、「五輪V2」のカギとなる前人未到の必殺技とは?

20170408_asajo_hanyuu

 男子フィギュアスケートのジャンプの技術が飛躍的に向上している。先の世界選手権(フィンランド)で2位に入った宇野昌磨選手はループ、フリップ、トーループの3種類の4回転、3位の金博洋選手(中国)もルッツ、サルコウ、トーループの3つを成功させている。米のネイサン・チェン選手にいたってはルッツ、サルコウ、フリップ、トーループの4種類の4回転ジャンプを持っている。

 同大会で羽生選手は、ループ、サルコウ、サルコウ&3回転トーループ、トーループをすべてノーミスで演じきり逆転優勝を飾ったが、その後のインタビューでこうコメントしている。

「物理的には人間は5回転までは可能だそうです。ただ5回転の点数は設定されていないので、いずれ4回転アクセルに挑戦したい」

 フリー世界最高得点で「4回転戦国時代」を制したとはいえ、ライバルの強烈な追い上げで向上心にさらに火がついた羽生選手が次に挑むのが、サルコウやトーループより4点以上も基礎点が高い4回転アクセルだというのだ。

 羽生選手のアクセル挑戦について、スポーツライターは言う。

「男子フィギュア選手のピークは21~25歳と言われます。ロシアのプルシェンコがトリノ五輪金メダルを獲ったのは23歳。バンクーバー金のライサチェク(米)は24歳でした。その後のケガや故障等を考えると、23歳で平昌五輪を迎える羽生選手はいわば最盛期。五輪V2を獲るために、ここで史上初の4回転半に挑戦しても不思議ではありません」

 現在も世界最高得点の上位3位までを独占する羽生選手。先の選手権でもSPが万全なら記録更新もありえた。

 しかも平昌五輪が開催される韓国はホームゲームさながらにユヅリストが多い。圧倒的な応援の後押しを受け、羽生選手には前人未到の技と記録を目指してもらいたい!

Asa-Jo チョイス

  1. 39722

    高カロリーな食事も消化分解できれば怖くない!酵素が鍵!

    30代の女性といえば、心身が成熟してきて、まさに女盛りの頃。とはいえ、仕事での責任も増し、プライベートでは結婚・出産・育児と、人生が大きく変化する頃でもありますよね。それだけに、ストレスやホルモンの乱れなどから身体への影 … 続きを読む 高カロリーな食事も消化分解できれば怖くない!酵素が鍵!

  2. 37541

    新事実!育毛剤ってダサい?いえ将来ハゲないためにケアしてる男性はかっこいい!

    某テレビ番組でビジネスマンのまつ毛エクステが話題になっていました。スキンケアやアンチエイジング、さらにはメーキャップまで、メンズエステ隆盛のいま、男性の美容への関心はこれまでになく高まっているといえるでしょう。とくに、カ … 続きを読む 新事実!育毛剤ってダサい?いえ将来ハゲないためにケアしてる男性はかっこいい!

  3. 39539

    ママが抱えるお肌の悩み、「シミ」は美白と保湿のWで対策!

    例えば、こんなことってありませんか?大学卒業後に病院の医療事務として勤務。ファッション、美容、友人との遊び、それなりに女のシングルライフを楽しみ、28歳で結婚。29歳で長男を出産。現在は夫と10ヶ月の長男と一軒家で暮らし … 続きを読む ママが抱えるお肌の悩み、「シミ」は美白と保湿のWで対策!

注目キーワード

ランキング