2015/12/14 09:59

脚本家がまたやらかした?天海祐希「偽装の夫婦」最終回に女性たちが大激怒!

20151214amami

 12月9日に放送された天海祐希の主演ドラマ「偽装の夫婦」(日本テレビ系)最終回の視聴率が12.8%だったことがわかった。同ドラマは「女王の教室」(日本テレビ系)の遊川和彦氏が脚本を務めるとあって、ドラマファンから注目を浴びていた。

「『偽装の夫婦』は同性を愛する人との夫婦生活を描くという日本では珍しいタイプのテレビドラマでした。本作の視聴率は初回14.7%と好発進して以降、最近のドラマでは珍しく一度も1ケタ落ちすることなく最終回まで完走。しかし、遊川脚本といえば、過去に視聴率40%を記録した『家政婦のミタ』などがありますから、それに比べれば落ち着いた記録となりました」(テレビ誌記者)

 そんな遊川作品といえば、朝ドラの「純と愛」では主要人物が昏睡状態から目覚めないまま終了、今年初めに放送された「○○妻」は柴咲コウ演じる主人公が、最終回で不良グループに暴行され死亡など衝撃の最終回を描き、その度に視聴者から賛否両論が巻き起こった。

 そして今回の「偽装の夫婦」も、中盤まで全体的に好評価だったものの、最終回が放送されるとネットでは「私の3カ月を返せ!」「遊川、またやらかしたな!」「まとめ方が酷い」と一変して非難轟々だという。

「最終回は沢村一樹演じるゲイの陽村超治が、天海演じる嘉門ヒロと再び結婚生活を送ることを選ぶのですが、女性としてヒロを愛すことができないため、性的欲望は他の同性愛者との浮気で満たし、妻はそれを許容するというラストでした。これに対して女性視聴者は『超治、最低すぎる!』『妻は夫が浮気しても、我慢し続けろってこと?』『この脚本家のドラマはいつも女性が虐げられる』と結末に対して、厳しい意見が殺到しています」(前出・テレビ誌記者)

 ドラマが放送されれば、常に賛否両論を巻き起こしてきた脚本家の遊川和彦。今回も厳しい感想が多いとはいえ、視聴者からの熱い反応に対し、陰でほくそ笑んでいるかもしれない。

(森嶋時生)

Asa-Jo チョイス

  1. 34325

    「ぽっちゃりお腹」をどうする?細く引き締まった縦ラインの美しいお腹が「♯腹筋女子」の新常識

    今、インスタグラムで腹筋を披露する女性たちが増えています。芸能人や海外セレブをはじめ、一般の女性までもが、筋トレの効果を見せつけるように写真を撮りまくり、ハッシュタグ「♯腹筋女子」での投稿は9万件を超え、その見事なボディ … 続きを読む 「ぽっちゃりお腹」をどうする?細く引き締まった縦ラインの美しいお腹が「♯腹筋女子」の新常識

  2. 32020

    美しい歯並びで女子力アップ 気になる歯の矯正とは?

    英会話、料理、スポーツジム、ヘアケア、エステ‥‥女子力アップのため自分磨きに余念がない20代~30代の独身OLたち。そんな彼女たちの間で、最近気になっているのが“歯の綺麗さ”だ。女性誌でも「歯並びが悪い女性はマイナス印象 … 続きを読む 美しい歯並びで女子力アップ 気になる歯の矯正とは?

  3. 32208

    結婚を諦めていた女性が、あるきっかけで結婚相談所に登録した理由!

    久しぶりに帰省すると、高校の同級生や地元の友人達が結婚していて焦りを感じることってありますよね。いままではむかしの思い出話や近況報告をして深夜まで盛り上がっていたのに、会話も夫のグチや子どもの話など家族の話が中心になり、 … 続きを読む 結婚を諦めていた女性が、あるきっかけで結婚相談所に登録した理由!

注目キーワード

ランキング