「姉ちゃんの恋人」キンプリ高橋海人の“奈緒抱きしめ”に悶絶女子続出!

 有村架純主演のドラマ「姉ちゃんの恋人」(TBS系)の第7話が12月8日に放送され、ヒロインである安達桃子(有村)の弟・和輝役を演じるKing&Princeの高橋海人の演技にキュンキュンコメントが殺到している。

 このドラマは27歳、両親、彼氏ナシのヒロインが、ホームセンターで働きながら弟3人を育てていくラブ&ホームコメディ。第7話では、晴れて恋人となった桃子と真人(林遣都)の恋とともに、桃子の弟・和輝と桃子の親友・みゆき(奈緒)の恋も走り出す展開に。とりわけ、和輝が公園の真ん中で手を広げてみゆきを抱き止め、くるりと回るシーンには、ネット上で「まわるって‥‥死んだ。すきーー!」「もう、王子様にしか見えないじゃん」といった声が躍ったのだ。

 和輝にとってみゆきは、年上の初恋の人。第8話の予告編には、ベンチに並んで腰掛けるみゆきは「どんなふうに見えてるのかな。姉弟かな」とささやくと、和輝はみゆきを荒々しく抱き寄せ「これで恋人に見えるでしょ」と呟く場面が。

「今まで弟のように思っていた和輝から、積極的にアプローチされることになったみゆきを演じる奈緒も『年下男子の和輝くんが踏み出した一歩によって、みゆきさんにとって今まで見えていた世界や過ごす日常が一変。お芝居をしていてもドキドキします』『自分にもこんなことがあるかも、というキラキラした希望がお届けできる』とコメントしています。キンプリの中では、平野紫耀、永瀬廉が映画やドラマの世界で一足先に活躍してきましたが、今回の『姉恋』で高橋はしっかり爪痕を残したようです」(女性誌記者)

 これまで深夜ドラマに出演してきた高橋も、いよいよゴールデン&プライム帯に進出。さらなる飛躍に期待したい。

(窪田史朗)

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング