今田耕司が「M-1司会」を反省も、ネットに渦巻くテレビ局への猛批判

 お笑いタレントの今田耕司が12月26日放送の「特盛!よしもと 今田&八光のおしゃべりジャングル」(読売テレビ)に出演。20日に開催された「M-1グランプリ2020」を振り返り、自らの行動を反省した。

 例年通り、今田が司会進行を務めた同大会。揺れる電車内でのコミカルな動きをネタにしたマヂカルラブリーが優勝を果たしたが、今田は彼らのネタが特にツボだった様子で、「気くるうぐらい笑ったもん。ほんまにもう泣いた。笑いすぎて喉痛いし」と大会時を回想した。

 ただ、全ての出場コンビに対してニュートラルに接する必要がある司会進行という立場上、爆笑することについては「さすがにちょっと反省した。MCとしてもうちょっと我慢せな、また巨人師匠に怒られるとこやった」と後悔。今田は昨年にもネタを披露し終えた和牛について、「ツッコミやのにボケにもなってる」と紹介したところ、審査員のオール巨人から「そういうことはあんたは言わん方がええよ。それは僕らが言うから」と公開説教されていた。

 また、NMB48の渋谷凪咲も「テレビ観てたら、今田さんのあの笑い顔でこっちもすごく面白く感じる」と良い意味で笑いの相乗効果があったことを指摘したが、千原せいじは「それが良くなかった」とバッサリ。MCの人間が一部のコンビに笑いのアシストをしてしまう格好となることから、今田は「反省点や。来年はアカンわ、あれは」と口にしている。

「M-1はもはや芸人の人生をも左右する一大競技となりつつありますから、MCを務める以上は可能な限りフェアに振る舞う必要があるでしょう。一方、真剣勝負のM-1グランプリにおいて、コンビがネタを披露している最中にMCの爆笑顔やアシスタントの上戸彩のリアクションなどが頻繁に大写しにされるカメラワークに関し、ネット上には『漫才の合間にMCの反応を映す必要はない。ひたすら演者だけを映しとけ。重要なジェスチャーを取りこぼしているシーンがいくつかあった』『笑うのは別にいいから、カメラで抜くのをやめてほしい。漫才師を映して』『視聴者は漫才だけに集中したい』とテレビ局の演出を批判する声が出ています。バラエティ番組であれば、より多くの笑いを作り上げる為に効果的な手法だとしても、漫才競技ではただひたすら漫才師だけに焦点を合わせて欲しいというのがお笑いファンの本音なのかもしれません」(テレビ誌ライター)

 来年度の大会に向け、今田だけでなく、主催者側も反省する点がありそうだ。

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

  2. 100375

    30~40歳で必要な貯金額って?無料オンラインセミナーの“お金”活用術

    昨今のリモートワーク急増により、多くの場面で“オンライン化”がニューノーマルとして定着しました。同時に、こうした変化の不安からか在宅中の余暇を“学び”に充てる人も多く、手軽に参加できるオンラインサロンやセミナーのニーズが … 続きを読む 30~40歳で必要な貯金額って?無料オンラインセミナーの“お金”活用術

  3. 98626

    血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

    血行不良による冷えやむくみ、仕事や家事の疲れによる脚のコリ……。アラサー、アラフォー女性の健康に対する悩みは尽きませんよね。そこで、同じような悩みを抱える30代のライターである私が、身も心も“キレイ”になるための方法を考 … 続きを読む 血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

注目キーワード

ランキング