今田耕司が「M-1司会」を反省も、ネットに渦巻くテレビ局への猛批判

 お笑いタレントの今田耕司が12月26日放送の「特盛!よしもと 今田&八光のおしゃべりジャングル」(読売テレビ)に出演。20日に開催された「M-1グランプリ2020」を振り返り、自らの行動を反省した。

 例年通り、今田が司会進行を務めた同大会。揺れる電車内でのコミカルな動きをネタにしたマヂカルラブリーが優勝を果たしたが、今田は彼らのネタが特にツボだった様子で、「気くるうぐらい笑ったもん。ほんまにもう泣いた。笑いすぎて喉痛いし」と大会時を回想した。

 ただ、全ての出場コンビに対してニュートラルに接する必要がある司会進行という立場上、爆笑することについては「さすがにちょっと反省した。MCとしてもうちょっと我慢せな、また巨人師匠に怒られるとこやった」と後悔。今田は昨年にもネタを披露し終えた和牛について、「ツッコミやのにボケにもなってる」と紹介したところ、審査員のオール巨人から「そういうことはあんたは言わん方がええよ。それは僕らが言うから」と公開説教されていた。

 また、NMB48の渋谷凪咲も「テレビ観てたら、今田さんのあの笑い顔でこっちもすごく面白く感じる」と良い意味で笑いの相乗効果があったことを指摘したが、千原せいじは「それが良くなかった」とバッサリ。MCの人間が一部のコンビに笑いのアシストをしてしまう格好となることから、今田は「反省点や。来年はアカンわ、あれは」と口にしている。

「M-1はもはや芸人の人生をも左右する一大競技となりつつありますから、MCを務める以上は可能な限りフェアに振る舞う必要があるでしょう。一方、真剣勝負のM-1グランプリにおいて、コンビがネタを披露している最中にMCの爆笑顔やアシスタントの上戸彩のリアクションなどが頻繁に大写しにされるカメラワークに関し、ネット上には『漫才の合間にMCの反応を映す必要はない。ひたすら演者だけを映しとけ。重要なジェスチャーを取りこぼしているシーンがいくつかあった』『笑うのは別にいいから、カメラで抜くのをやめてほしい。漫才師を映して』『視聴者は漫才だけに集中したい』とテレビ局の演出を批判する声が出ています。バラエティ番組であれば、より多くの笑いを作り上げる為に効果的な手法だとしても、漫才競技ではただひたすら漫才師だけに焦点を合わせて欲しいというのがお笑いファンの本音なのかもしれません」(テレビ誌ライター)

 来年度の大会に向け、今田だけでなく、主催者側も反省する点がありそうだ。

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング