綾野剛が熱弁「コロナ禍のエンターテインメント論」にまさかの反応

 俳優の綾野剛が1月11日、映画「ヤクザと家族 The Family」の完成報告イベントに出席。コロナ禍でのエンターテインメントの意義を熱弁するひと幕があった。

 折しも緊急事態宣言下とあって、イベントは無観客の生配信形式で開催。綾野剛のほかに舘ひろし、尾野真千子、北村有起哉、市原隼人、磯村勇斗、藤井道人監督も登壇。

 作品の見どころや撮影中のエピソードなどを語ったほか、「『ヤクザと家族 The Family』を一言で表すとしたら」と問われると、舘は「愛」、尾野は「今」、北村は「決意」など作品への思いと共に回答。最後に発表した綾野は舘と同じく「愛」と答えた。

 綾野は「愛」を選んだ理由として「これ以上(の言葉)はない! 僕にとって現在の集大成になった作品」とコメント。さらに「こんなご時世ですが、どんな時もエンターテインメントは不屈で、不要ではないことを届けていくべき。映画館も、今のやり方で運営している。エンターテインメントが存在していることが心に花を添えるんじゃないか。映画は上映され続けているというのが支えになればいい」と熱弁した。

 これにネットでは《暗い時代だからこそエンタメが必要だね》《実際、自粛やおうち時間が増えるとドラマや映画やバラエティっていうのは必要だなと改めて思ったから、こんな中でもエンタメは粘り強く頑張ってほしいな》など綾野に同意する意見が送られた一方、意外にも《相変わらず、無駄にキザだな》《それどころじゃない》といった冷めたコメントも。

「コロナ禍でのエンターテインメントの必要性について声を上げているのは綾野だけではなく、脚本家で映画監督の三谷幸喜氏やタレントの藤井隆、X JAPANのYOSHIKIなど多く存在します。確かに緊急事態下の上映や公演には様々な意見がありますが、ステイホーム中に多くの人の心を潤したのはエンターテインメントだったし、昨年の映画『鬼滅の刃』の興行収入新記録樹立も記憶に新しい。エンターテインメントは『不要不急か否か』という問いはあまり意味はなく、どんな状況でも『求められているもの』なんだと思いますね」(芸能記者)

 果たして、綾野の熱い思いはちゃんと届くだろうか?

(柏原廉)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング