「これはマスクゲートだ」茂木健一郎氏、鼻マスク受験生への対応を批判

 脳科学者の茂木健一郎氏が1月18日に自身のツイッターアカウントを更新。16日の大学入学共通テスト初日に鼻を出したままマスクを着用したことで、失格処分を受けてしまった受験生について言及している。

 問題となった受験生は、地理歴史・公民、国語、外国語の試験を受験し、その際、各テストの試験官から鼻をきちんとマスクで覆うよう合計6回にわたって指示されたものの、最後まで従わなかったとのこと。成績無効との処分が下される可能性があるとも伝えられたが、それでも鼻を覆わなかった為、不正行為として失格の処分が下された。

 茂木氏はこの騒動について「鼻だしマスクの件、今BBC radio 4 のニュースでも3番目くらいに取り上げられていた。やっぱり、それなりに印象的というか、えっ、どういうこと? と受け止められたのだと思う」とし、「試験官の対応が杓子定規すぎるよね」と現場の対応に柔軟性が欠けていたとの見解を示した。

 その後も茂木氏はツイッター上で「鼻だしマスクの受験生の答案を無効にして試験官は何を守りたかったのか?」「鼻だしマスクの件、非典型的な個性に向き合い、包摂することが本質。注意されたらおとなしく従うということが悪意ではなくできない個性もあります。しかもマスクという人によって身体的知覚が異なるものが対象なのに。明らかに試験官側の対処が稚拙。記録して後に事情も聞けた。これはマスクゲートだ」などと連投し、受験生を擁護しつつ、試験官の対応を非難した。

「鼻をしっかりと覆うようなマスクの着用指示を拒否しなければならない個性や体質があったのではないかと推察した茂木氏。挙げ句の果てには“マスクゲート”とも表現し、それぞれの事情を斟酌せずに一律でルールを適用した試験官側を咎めていますが、やはりコロナ禍では鼻と口をしっかりと覆うことが最低限のマナー。また、きちんとしたマスク着用を指示することは周囲の学生を守ることにも繋がるため、ネットには茂木氏の見解への反論が殺到。『杓子定規? 6回注意されても直さなかったから処分に至ったわけですから、かなりの温情をかけてくれたと解釈すべきと思いますよ?』『残念だが、失格が妥当』『もし事情があってマスクができないなら事前に相談しなきゃ』『自分の研究室にいる学生が6回も注意を無視したら…アンタだって怒るだろう?と思うんだが』との指摘が寄せられています。当該の受験生は別室への移動を促されたともいいますし、もしも鼻と口を両方覆うことで何らかの不具合があるのであれば、事前に医師の診断書なりを提出しておくべきとの声もありました」(週刊誌ライター)

 この受験生は49歳の男で、不正を告げられると会場となった大学のトイレに閉じこもり、駆けつけた警察官に逮捕されている。いずれにせよ、付近でテストを受けていた学生が、今回の騒動によって集中を阻害されていないことを祈るばかりだ。

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

  2. 98626

    血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

    血行不良による冷えやむくみ、仕事や家事の疲れによる脚のコリ……。アラサー、アラフォー女性の健康に対する悩みは尽きませんよね。そこで、同じような悩みを抱える30代のライターである私が、身も心も“キレイ”になるための方法を考 … 続きを読む 血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

  3. 104391

    誰にも知られたくない! でもどうしたら……そんな悩みを解決に“導く”「電話占い」とは?

    誰にも言えない悩みこそ、誰かに聞いてもらいたい!──そう思うことってありませんか? 女性にとっては恋愛ごとがコレ。理解されにくい既婚者との恋愛、忘れられない元カレのことなど、デリケートな悩みを抱えている人は多いはず。他に … 続きを読む 誰にも知られたくない! でもどうしたら……そんな悩みを解決に“導く”「電話占い」とは?

注目キーワード

ランキング