赤ちゃんのおもちゃは“少なくてもいい”理由

 赤ちゃんは遊びから多くのことを学んでいきますから、月齢や発達のスピードに合ったおもちゃ選びはとても重要です。

 一方で、たくさんおもちゃを買うのは経済的にも負担が大きいですよね。さまざまな種類のおもちゃを見て、「こんなにたくさん買わなくてはいけないの?」と不安になっていませんか? 実は、赤ちゃん向けのおもちゃは多過ぎないことのメリットも大きいのです。

■特別な“おもちゃ”である必要はない

 赤ちゃんは、大人が使っている“本物の道具”が大好き。いつもママが使っているリモコンやスマホがリビングにあれば、熱中して遊び始めますよね。代わりにおもちゃのリモコンやスマホを用意しても、おもちゃでは満足できずにすぐ飽きてしまうことも。

 赤ちゃんは、大好きな人の動作を真似たり、身の周りにあるものを触ったり遊んだりしながら学んでいきますから、それが必ずしも特別なおもちゃである必要はないのです。

■遊び方を変える試行錯誤で考える力が鍛えられる

 1日に同じおもちゃを何度も使わないと楽しく遊び続けることができない環境なら、1つのおもちゃで何通りもの遊びを生み出したり、いくつかのおもちゃを組み合わせたり、既に遊んだおもちゃたちを総動員させたりと、さまざまな工夫が生まれます。

 試行錯誤の過程にはたくさんの気付きがありますから、遊びが自然と学びの場になるのです。何通りもの遊び方ができそうなおもちゃを厳選して量を増やさないことは、おもちゃの機能を受動的に受け取るのではなく、自らあれこれ試すためのママの工夫でもあります。

■モノが増えず、管理がラクになる

 おもちゃが少ないと、その分日々の片付けの手間が省けます。子どもが片付けを行う際もシンプルな導線で済みますから、片付けの方法を教える負担も少なく、ママにとっても子どもにとってもストレスを軽減しやすくなります。

 おもちゃの数に限りがあれば、一つひとつを大切にしたいという気持ちが高まりやすく、おもちゃ遊びだけでなく、家族とのコミュニケーションにも積極的になります。おもちゃのない空間で一緒に過ごし、遊びを創作するのもオススメ。親子で一緒に遊びを生み出してはいかがでしょうか。

(Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング