非常識? 前田敦子、協議離婚報道で掘り返された「衝撃のマイルール」

 まさか7年後に炎上するとは思ってもいなかったことだろう。

 俳優の勝地涼と離婚協議中と報じられている前田敦子の人柄について分析する記事を「週刊女性PRIME」が12日に報じている。

「前田敦子『映画館で刺身を食べる精神』と“我の強さ”で離婚協議も乗り切るか」という見出しで配信されたこの記事では、前田の我の強さや実母とベッタリな生活を送っていたことが別居に繋がったという世間の見方が強いことに触れ、AKB時代もアンチに反発するぐらい気の強い性格だったことを紹介。映画館に刺身を持ち込み食べながら見たというマイペースなエピソードも掘り返し、フリーになったことも踏まえて、海外をメインフィールドにするのが飛躍のカギかもしれないという形で締めくくっていた。

 この記事はYahoo!ニュースに取り上げられ、多くの人々の目に触れているが、その反応を見ると、「普通映画館にはその劇場で購入した食べ物以外持ち込み禁止なのでは?」「マイペースじゃなくて非常識でしょ」「映画を見ていて、自分の隣りでそんな奴がいたら一発でヤバいヤツ認定するわ」など、映画館で刺身を食べていたというエピソードに対しての批判的なツッコミが大多数を占めていた。

 そもそも、このエピソードは週刊アサヒ芸能が2013年に掲載したテリー伊藤氏との対談の中で前田が明かしたもので、前田は持ち込みOKな映画館に限って、たまにお寿司を食べていると話している。これを聞いたテリー氏がお刺身だと食べてもあまり音がしないというメリットがあることから斬新だと面白がり、前田は「ポップコーンとかよりも全然(音)しませんよ」と、映画鑑賞にお刺身が適していることをアピールしていた。

「それでも映画館にお寿司という見慣れない組み合わせとあって、非常識だと見る声が多いようですね。それに音はしないかもしれませんが、臭いで周囲が迷惑する可能性もゼロではありませんからね。ちなみにお刺身関連のエピソードを他にも出しますと、寿司屋でシャリからネタだけをはがして、ネタ単体だけを食べたと報じられたこともありましたね」(アイドル誌ライター)

 マイペースもそうだが、変わったマイルールなども多そうな前田だけに、公になればセンセーションを巻き起こしそうなエピソードをまだまだたくさんストックしているかも?

(本多ヒロシ)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング