草なぎ剛「最優秀主演男優賞」を見つめる二宮和也の胸に去来したものとは…?

 第44回日本アカデミー大賞授賞式が3月19日都内で行われ、映画「ミッドナイトスワン」で主演を演じた草なぎ剛が、最優秀主演男優賞を受賞。さらに同作は、最優秀作品賞も受賞し、草なぎにとってはWの喜びとなった。

 同作で草なぎは、トランスジェンダーで夜の世界に生きる凪沙を演じた。

 受賞発表で自身の名が挙がった草なぎは「頭が真っ白」になったそうで、元SMAPの稲垣吾郎と香取慎吾の“新しい地図”の仲間の名をあげ「1人ひとりの人生が、よりよく自由に全うできるような、そんな作品作りと、人との関わりのなかで、これからも自分の人生を全うしていきたいと思います」と語った。

「そこには、『浅田家!』で優秀主演男優賞を受賞した嵐の二宮和也も列席していました。カメラは、スピーチする草なぎを見つめる二宮の姿を捕らえていましたが、目を赤くして、草なぎをジッと見つめる二宮の姿が印象的でした」(芸能ジャーナリスト)

 嵐が活動休止となって、ある意味独り立ちした二宮。SMAPが解散となり、ジャニーズ事務所を退所して、ここまでたどりついた草なぎの姿に、自身を重ね合わせていたのかもしれない。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング