今度こそ!早起きを“習慣化する”ための3つのヒント

「もっと余裕を持って起床したいのに、眠気に負けていつもギリギリになってしまう」「朝活をしたいのに続かない」「子どもや仕事の関係で起床時間が早まるが、できるか不安……」「毎朝、憂鬱だ」などという場合は、次のような工夫で早起きに取り組んではいかがですか。

■早起きをする理由を明確化する

 まずはここから。なぜ早起きをしたいのか、早起きをしたらどんな生活になるのかを明確にイメージしましょう。「早起きはしたいけれど、しなくても困らない」状態では、せっかく起きても二度寝の誘惑に負けてしまいます。朝の時間を充実させたい場合は、朝活を行うことで手に入るメリットや未来の展望までをもしっかりイメージすることが大切です。強い意思を持って、早起きに取り組みやすくなりますよ。

■朝に行う“楽しいこと”を決める

 早起きをしても楽しくないのでは、なかなか続きませんよね。ですから、余裕を持って起きることができた分、自分によいことがあるように予定を設定しましょう。短時間で楽しめる趣味を朝のタスクの一つに組み込む、お気に入りのハーブティーを楽しむ、朝ご飯をちょっぴり豪華にするなど、朝の時間が好きになる活動を取り入れてください。

■目覚ましを工夫する

「目覚まし時計の音量を上げたり立ち上がらないと止められない場所に置いたりすれば起きることはできるけれど、毎日不快な気持ちで無理やり起き上がることになる……」という場合は、できるだけ自然に起きることができるよう、使用する目覚ましを工夫するとよいでしょう。自身の睡眠リズムに合わせて起こしてくれる目覚ましアプリや、光や振動で起こしてくれる目覚まし時計、起きる時間にリクライニングしてくれるシートなど、さまざまなグッズや方法がありますよ。

 目覚ましグッズなどを活用する場合は、寝ている間に電池・充電が切れないように、小まめにチェックすることを忘れないようにしましょう。残量が少なくて不安な場合は、スマホのアラームをかけておくなどすると、安心して寝ることができますよ。

 ぜひ、自身に合った方法で毎朝を楽しんでくださいね。

(Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング