伊藤健太郎、「迂回して戻るつもりだった」発言でまたイメージ悪化

 2020年10月に2人が乗っていたバイクと接触事故を起こした俳優の伊藤健太郎。以後、芸能活動を自粛していたが「週刊新潮」の取材に応じ、その内容が4月28日発売号に掲載された。

 伊藤は「自分と関わったせいでお2人の方がケガを負うことになってしまい、特に女性の被害者の方には左脚骨折という大ケガをさせてしまい、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです」とあらためて謝罪。

 だが、バイクと接触後、すぐに車を止めて通報を行わず、現場から離れる動きを見せた。当時これが“ひき逃げ”と疑われたわけだが、その理由については、迂回して現場に戻るほうが、安全だと判断したそうだ。しかし「通報や救護に間に合わなかったという意味でも、やはりあの時すぐに止まるべきだったと後悔しています」と釈明した。

 これに対しネット上では「タクシーの運転手さんに止められて戻ったんじゃなかった?」「接触事故起こして一度迂回してから戻ろうとしたって誰が信じるの? 見ていたほかの車に追跡されて観念したはずでは。見苦しい言い訳」「逃げた事実を迂回して現場に戻ろうとしたとの供述に替えて罪を逃れたんですね。反省するなら正直であるべき」など厳しい意見が相次いだ。

「諸事情により、このような釈明をせざるを得なかったのかもしれませんが、一般的には“苦しい言い訳”と解釈されてしまいました。これでは、イメージは回復どころか、さらに悪化させたにすぎません」(週刊誌記者)

 仕事復帰を望んでの今回のインタビューだったかもしれないが、読者に真意が届いたかどうかは不明だ。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング