捨てちゃだめ!野菜の“皮”活用術

 自粛続きで生活環境が変わっている中、健康維持のためにも、とくに十分な栄養摂取を意識したいものです。

 栄養不足を感じたら野菜を食べようと思うかもしれませんが、量をたくさん取ろうというのは調理も大変ですし、効率的ではないかもしれません。そんなとき、栄養がたっぷりつまっているといわれる、野菜の“皮”に注目してみるのも一つの方法です。

 化学者である前田浩さん監修「抗がん剤の世界的研究者が教える! 最高の野菜スープ」(扶桑社刊)によれば、例えばごぼうは皮をしっかり剥いてしまいがちですが、皮の近くはポリフェノールが豊富なので、皮は剥かずにそぎ落とす程度が一番なんだとか。

 じゃがいもは、がん抑制効果の期待できるクロロゲン酸というポリフェノールが皮に多く含まれるため、皮ごとスープにして野菜出汁とするのがいいそう。玉ねぎも同様、皮にポリフェノールが多いため、こちらも皮ごとスープがオススメなんだそうですよ。

 とはいえ、毎日スープというのは続けにくいもの。もし野菜の皮を食べたいなら、みじん切りにして炒め、味付けしてご飯にかけてふりかけ風にしていただくのもよいでしょう。また、野菜の皮を揚げてチップスにしたり、衣をつけてかき揚げにしたりする方法もありますね。

 野菜不足を感じたら、早速、試してみましょう!

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング