田中みな実、ドラマ現場で共演者やスタッフに無理強いする「NG行為」とは?

 フリーアナウンサーで女優の田中みな実が、ドラマの撮影現場で“禁煙番長”ぶりを炸裂させているという。7月15日配信の記事で「FLASH」が報じた。

 田中は7月4日にスタートした日本テレビ系ドラマ「ボクの殺意が恋をした」に出演中。主演の中川大志や新木優子、中尾明慶といった面々と過ごす現場は「和気あいあいムード」とのことだが、田中が発案した禁煙化の徹底により、ある種の団結をもたらしているという。

 同誌によれば、出演者やドラマスタッフには喫煙者も多いものの、田中は「タバコの吸いすぎは体によくないですよ! だから、禁煙しましょう!」と呼びかけ、喫煙者を1人ずつ順番に説得。また、健康面での理由以外にも、喫煙スペースが屋外にあることから、「スタッフの呼びに行く時間がもったいないでしょ」と主張し、中には「これを機に禁煙する!」と意気込むスタッフも現れたという。

 しかし、突如として出現した“禁煙番長”に謀反を企てる出演者も。同誌は、田中が不在の撮影日、ある共演者が「今日は田中さんがいないから吸っちゃおうよ!」と提案するも、マネージャーから「絶対にダメですよ。田中さんに言いますよ」とリークをチラつかされ、あえなく断念したと報じている。

「よほど怖いのか、田中による普段からのニラみが奏功し、不在時にもそのルールが徹底されているようで、同誌はそうした田中の振る舞いが『ドラマにいい影響を与えてくれそうだ』と締めた。理由はなんであれ、一つの共通ルールを掲げることで現場を一枚岩にした功績は評価されてしかるべきかもしれませんが、その締め付けが時間の経過とともに共演者のストレスにつながらないか心配です。

 ネット上でも、田中の番長ぶりには『ホッとする時間がないのは辛そう』『ルールを守って吸ってるんだから、喫煙くらい自由にさせてやれよ』『そこまで干渉するのは面倒くさい』『宣教師のような訴え方は余計なお世話の人たちもいるだろうから、そこへの配慮も理解しなければウザい!』『個人の自由に対して個人の考えを押し付けているハラスメントだという自覚が足りない』などと苦言が殺到。共演者だけでなくスタッフの健康を心配し、呼びに行く手間を気遣う姿勢は立派ですが、不在日には『吸っちゃおうよ!』と呼びかける出演者もいるということは、早くも少なくないストレスが溜まり始めているのかもしれません」(テレビ誌ライター)

 強権的に喫煙NGを掲げたことにより、田中への共演NGが増えなければいいのだが。

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング