心地よく眠るために!夏の“寝具のお手入れ”3つのコツ

 疲労が溜まりやすい夏は、とくに快眠環境を整えたいですよね。一方、暑い中で多くの作業をするのは大変! そこで、家事を最小限に抑えて快適に眠るためには、次のような工夫がオススメです。

■シーツやタオルケット、枕カバーはこまめに洗濯する

 発汗が多い季節。長期間放っておくと汗ジミができるだけでなく、ニオイやダニ・カビの原因にもなります。頑固な汚れを落とすには手間がかかりますから、こまめに洗濯するようにしましょう。布団やマットレスの下に、除湿シートを敷くのもよいでしょう。床に直接布団やマットレスを敷いている場合は、室内でもこまめに干したり立てかけたりして、湿気を逃す工夫も重要です。

■天日干しはココに注意!

 夏は日差しが強いため、長時間天日干しすると日焼けしたり、寝具が傷んだりする可能性があります。また、雨が降らないからと油断して夕方まで干し続けると、湿気を吸ってしまうことも。寝具の種類や日差しの強さによって最適な干し時間は異なりますが、1~3時間を目安にしっかり乾燥しているかこまめに様子を確認して、程よい時間をみつけましょう。

■干せない場合は夏・冬のモード切り替えができる布団乾燥機を

 天日干しが難しい場合は、布団乾燥機が役立ちます。乾燥後は布団が熱くなりますから、乾燥後に冷却する夏用のモードがあるタイプを選ぶのが◎。ダニを退治しやすいものがよい、自動停止機能が備わっていて外出中に使用できるものがよい、設置や準備が簡単なものがよいなど、“日常的に使うとなれば必須”な機能がある場合は、性能を確認して選びましょう。

 毎日の睡眠が心地よく、疲労回復がスムーズになるよう、寝具のお手入れ方法を見直して、就寝が楽しみになる環境を整えてはいかがでしょうか。

(Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング