東出昌大に届いた主演映画に「事務所NG」ドはまり役に「まさか」の指摘

 不貞騒動の余波に苦しむ俳優・東出昌大だが、今春には主演映画のオファーを“総合的な理由”で断っていたという。8月19日配信の記事で「女性自身」が報じた。

 2020年1月に当時の妻で女優の杏を裏切る不貞が発覚して以降、CMや映画への出演が激減してしまった東出。不祥事によるCM違約金は3億円にも達するとされ、今年5月にはその懐事情の苦しさからか、月額1万円のジム通いですら「痛い出費」などと嘆いていたと報じられていた。

 だが、そんな東出も俳優としてのプライドは捨て切れないのか、たとえ主演映画のオファーであっても“来るもの拒まず”ではないようだ。

 同誌によると、今春には東出に対し、「育児を任せきりにしていた妻が事故で意識不明になった後、児童養護施設に子供を預けてしまうダメ夫」役のオファーが舞い込んだものの、東出サイドは“総合的な判断”により、これを拒否したという。

 原作を読んだ映画関係者も「主演は東出さんしかいない」と直感したとし、年上の妻と離婚した後、子供を施設へ預ける設定の主人公について「東出さんと重なるじゃないですか」と太鼓判。しかし、東出が断ったことで、その役柄は最終的に別の俳優が任されることになったという。

「東出サイドの関係者によれば、オファーが届くと早い段階でナシと判断し、東出本人というよりは所属事務所があまり前向きではなかったようです。とはいえ、東出は、杏が独りで育てる3人の子供の養育費すらも満足に支払えていないとも報じられており、世間からは『仕事を選んでいる場合ではない』『子供さんたちのために頑張らなきゃ』とのお叱りの声が殺到。また、子育てを杏に任せ、自身は唐田えりかとの禁断の逢瀬を3年にわたって続けていたことから、同作の主人公と重なる要素があるとして、『ぴったりの役じゃん! なんでこの役を拒否するんだ?』『適役なのに、まさか断るとは』との声があるほか、あまりに“どハマり“過ぎることで、杏の反応や世間からのバッシングを懸念した可能性があるとする指摘も出ていました」(テレビ誌ライター)

 今年10月に主演映画「草の響き」が公開され、11月にはNetflixの出演作「ボクたちはみんな大人になれなかった」、さらに来年にも「コンフィデンスマンJP」の第3弾公開が決まっている東出。わざわざ育児放棄の“ダメ夫”役を演じずとも、少しずつ役者としての活動が増えていくことを楽観視しているのかもしれない。

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング