「おかえりモネ」菅波先生の神対応も“2人は結ばれない説”急浮上

 女優・清原果耶主演の朝ドラ「おかえりモネ」(NHK)の第77話が8月31日に放送され、坂口健太郎演じる医師・菅波先生がヒロイン・百音(清原)に掛けた電話での優しさあふれる神対応に「それでこそ俺たちの菅波」「ほれ直したぞー!」といった称賛コメントがネット上に多数書き込まれた。

「このドラマは、宮城県気仙沼の亀島に生まれたヒロイン永浦百音が、やがて気象予報士の資格を取って故郷の役に立ちたいと奮闘する物語。第77話では、百音はデートをドタキャンしたことを電話で菅波に謝罪。菅波は百音の事情を同居人で百音の幼馴染の明日美(恒松祐里)から聞いており、『そういう時にこっちのことを忘れてしまう人のほうが、僕は信頼できます』『もう謝らなくていいから、まずはそちらの時間を大事にしてください』と応える菅波に、視聴者は胸を打たれたようです」(女性誌記者)

 しかしその一方で、「相手を思うなら自分のことを一時でも忘れてほしくはない」「いくら相手を思いやっての言葉とはいえありえない」「よほど百音から押さない限り、2人の関係がこれ以上進むとは思えない」など、2人の今後を危ぶむ声もあがっている。

 坂口は、2016年上半期に放送された高畑充希主演の朝ドラ「とと姉ちゃん」(NHK)に出演。ヒロイン・常子(高畑)を癒す植物学者を目指す心優しい帝大生・星野武蔵役を演じている。

「丸眼鏡に学生服姿の武蔵は、大阪帝大の研究職に呼ばれ、常子にプロポーズするも東京を離れられない常子に断られ、“武蔵ロス”という言葉も話題になりました。それから戦争を経て二児のシングルファーザーとなった星野と再び再会。親密になるも、星野は子育てを優先させるためにやがて名古屋へ去るという切ない展開でした」(芸能ライター)

 果たして今回、めでたく2人は結ばれるのか。

(窪田史朗)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング