千葉真一さん、多額の借金過去の背景にあった映画への情熱

 新型コロナウイルスによる肺炎のため8月19日に急逝した千葉真一さんについて、8月31日発売の「女性自身」は、生前の金銭トラブルの記事を掲載した。

 それによると、映画に情熱を傾け続けた千葉さんの人生には、常に“借金トラブル”がつきまとってきたという。1990年に10億円もの制作費をつぎ込んで監督を務めた映画「リメインズ 美しき勇者たち」は、配給収入3億4500万円と大赤字で、2億円の負債を負った。当時、妻だった野際陽子さんは、自身の私財や土地などを売って支えたが、千葉さんの借金に苦しんで94年に離婚。08年には、開校した俳優養成学校をめぐる金銭トラブルが訴訟にまで発展。騒動の果てに3000万円もの借金を負ったという。

 さらに、千葉さんが亡くなってから“借金取り”たちが自宅に押しかけてきたというのだから驚きだ。

 しかし、千葉さんを知る古参の芸能記者は「驚きません」とあっさり答えた。

「千葉さんはアクション俳優として一時代を築いただけでなく、多くのスターを育ててきた功績は素晴らしいと思います。映画制作にかける情熱は熱く、関係者に自分の企画案を何時間も熱弁していました。ですが、いざ資金調達となるとからきしで、金銭に関しては疎いところがありました」

 願わくば千葉さんの負の遺産が、遺された人たちの負担にならず円満に解決してほしいものだ。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング