寝起きのよさは「カーテン」で決まる!?良質な睡眠習慣を作るには?

 朝の目覚めをスッキリさせる簡単な方法の一つが、“朝日を浴びる”こと。朝起きても必ず二度寝してしまう、起きても頭がボーッとしたままのことが多い場合は、次のようにカーテンの使い方・選び方を工夫すると、ツラい寝起きが改善しやすくなりますよ。

■寝る前に少しだけカーテンを開けておく

 起きてすぐにカーテンを開けて太陽光を浴びることができればいいけれど、そもそも眠たくて体を起こせず、カーテンを開けること自体が億劫……。そんな場合は、自動で日の光を浴びることができるように、寝る前に少しだけカーテンを開けておくとよいでしょう。少しだけカーテンを開けてもあまり日光を浴びられないという場合は、自動でカーテンを開閉できるグッズを活用するのもオススメ。顔に光が十分に当たるように工夫すると、寝起きのツラさを軽減しやすくなります。

■朝方に睡眠を取る場合は遮光カーテンを活用する

 逆に考えると、睡眠時に明るい光を浴びることは睡眠の質を下げる原因の一つです。育児中、または夜勤などで睡眠を取るタイミングが朝方になることがある場合は、睡眠時に遮光カーテンを活用して太陽光を遮断しましょう。夜の寝つきが悪いという場合は、室内に光が入らないようにカーテンを遮光または厚手のものに。また、寝る直前にはスマホやパソコン、テレビなどを使用しないようにし、光を取り入れないようにしてください。

 カーテンの素材や機能性だけでなく、室内で過ごす際に落ち着くことができる色や柄、素材に着目して選ぶようにすると、より睡眠の質を高めやすくなります。お気に入りの睡眠環境を目指して、寝具だけでなくカーテンにもこだわってみてはいかがでしょうか。

(Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング