和田アキ子、新曲ブレイクで「紅白復活」の声も気になる過去の“出場基準”発言

 歌手・和田アキ子の新曲MVがYouTubeで300万回を突破したことが9月21日、ニュースサイト「女性自身」が報じられた。6年振りに紅白復活の期待も高まってきた?

 同記事によると、和田が9月2日に配信リリースした新曲「YONA YONA DANCE」がBillboardが発表したTikTok週間ランキング(9月6日~9月12日)で14位にランクイン。和田の公式YouTubeチャンネルで公開された、全編イラストで構成されたMVも21日18時の時点で300万回を超えるほどバズっているという。

 曲はサビで何度も繰り返されるフレーズ「踊らにゃ損」が印象的なアップテンポでダンサブルな楽曲。プロデュースしたのは若者の間で人気の4人組バンドのフレデリックだ。

 和田は05年にも音楽ユニットm-floとコラボして「HEY!」を発表。当時のオリコンシングルチャートでトップ10に入るほどのヒットとなり、その年の「NHK紅白歌合戦」は「m-flo loves Akiko Wada」名義で白組から出場した実績がある。和田は16年に“落選”して以降、紅白から遠ざかっているが「紅白復活」を期待する声が相次いでいるという。

 ネットでも《紅白出場文句なしと言えるほどに新曲が大ヒットするようであればいいんじゃないの? 紅白落選したのは、その年にヒットした曲がなかったからというだけの話》《紅白出場云々は置いておいて、フレデリック節全開のギターサウンドに和田アキ子のヴォーカルが乗るという異色コラボはなかなか面白いと思いますね》《この曲は耳に残るよね。それと若い子にも知ってもらおうとしていて素直に嬉しいと思っているのはいいことでは?》など好意的な意見が書き込まれている。

「和田は昨年12月に自身がMCを務める『アッコにおまかせ!』(TBS系)でK-POPアイドルグループNiziUの紅白出場決定に触れ『こういう言い方したらすごい変だけど、嫌味でも何でもなくね。昔、紅白に出させていただいた時、当時は紅白ってどんなに歌がヒットしてもその年は出られなかったの。明くる年じゃないと』『今の子って、デビューもしてないのに。どうなってるんだろうね、この基準は。変わってる、時代はね』と漏らしていました。今は流行のスピードが違うので基準が変化したのは仕方がないことですが、和田の言うとおりだと『YONA YONA DANCE』で出場できるのは来年ということになります。そうなるとブームも落ち着き出場の機会がなくなる可能性が大きい。和田自身はこれまで何度も紅白に未練があるような発言をしていますし、今年は大きなチャンスかもしれません」(芸能記者)

 和田が過去に発言した“出場基準”が自らの足かせにならなければよいのだが。

(柏原廉)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング