男性が復縁したくなるのはどんな女性?

 別れたけれど、やっぱりあの人と……そう思うときってありますよね? それは男性にもあります。復縁のよさは、相手をすでによく知っているということ。2人の過去に基づいてこれからの付き合い方を考えればいいので、一から誰かと関係を築くよりラクな場合があるからです。

 では、男性はどんなときに、どんな女性となら復縁OKと思うのでしょうか?

■金銭感覚が合う

 お勤めでも自営業でも、使えるお金には限度がありますよね。日常生活の中で、何にどれくらい使いたいのかという価値観が同じかどうか? それが、長く付き合うためには大事になります。結婚を前提とした復縁ならなおさらのこと。女性が働き続けるかも、2人の経済状況に直結するテーマです。価値観が同じほうが復縁しやすいでしょう。

■お金がかからない

 ある程度お金があるように見える人でも、本人は「足りない」と思っているものです。ほとんどの男性は、お金のかかる女性とは復縁したくないでしょう。新しい恋愛にならお金をかけるでしょうが、すでにある程度の仲の相手。あなたが贅沢好きではなく、大きな借金がないなら、復縁しやすい相手になりそうです。

■スキンシップに不満がない

 男性が復縁を望む場合には、そこに強い恋愛感情があるかどうかよりも、一緒にいてラクかどうかがポイントになります。会話や生活習慣はもちろんですが、スキンシップでもラクをしたい。ですから、相性が合う相手が復縁の相手となります。逆に、スキンシップ面が原因で別れた場合には、復縁は難しいかもしれません。

■復縁してもデメリットがない

 復縁したときに、メリットがあるかどうかは大事です。でも、もっと大事なのは、大きなデメリットがあるかないか。例えば、好きな環境の好きな住宅に住めるのか、あなたに合わせて家事や育児をしなければいけないのか、あなたの両親と同居や二世帯住宅になるのか。彼のデメリットは、事前にできるだけ排除しておきましょう。

■友だちに紹介しやすい

 男性は意外と「可もなく不可もない相手」を好みます。目安は自分の友人に紹介できる程度。外見や学歴、職業など、自分の友だちに恥ずかしくなく伝えられる女性であることを好みます。女性が超美人や超稼ぐ仕事のほうがいいというのは少数派。多くの男性の場合、あなたがとりたててすごい女性ではなくてもいいのです。安心してください。

■我儘な女じゃない

 あれこれ願望の多い女性は「面倒くさい」というのが男性の本音です。「デートはあのレストランに」「プレゼントはあのバッグ」「LINEはすぐに返事して」「イベントデートは華やかに」「家事も半分しっかりやって」など、あまりに要求が多い女性は彼もうんざり。過去恋人だったときにうるさくなかった女性のほうが、復縁できる可能性は高いでしょう。

■やっぱり美人のほうがいい

 正直、やっぱり美人は得です。「人は顔じゃない」というのは大嘘で、美人のほうがモテるというのは心理学的に明らか。美人は、一緒にいたら心地いいだけでなく、周囲にも自慢ができる。そんな点からも、やっぱり美人は得なのです。でも、あなたが絶世の美女じゃなくても、メイクやファッションを研究すれば大丈夫。努力すれば表情も雰囲気も美人になるのです。

 この他に、男性には“復縁したい理由”があるはず。自身の身辺にさまざまなことがあって寂しくて誰かと一緒にいたいとか、年齢的にそろそろ結婚したいけれど新しい出会いは見込めないなど、人それぞれに理由があります。中には、家族を介護しなければならなくなり、急に誰かと結婚したいと考える男性も。こういう場合は結婚を急いでいますので、選ぶ女性へのハードルが低くなりがちです。

 あなたが復縁を考えるときには、相手の身辺が過去とは変化していることも想像しながら、少しリサーチをしてからのほうがうまくいくと思います。人と付き合うのは時間もお金もかかります。やみくもに復縁して後悔するのも嫌ですし、復縁チャンスを逃すのももったいない。いいタイミングで運をつかみたいものですね。

(恋愛カウンセラー・安藤房子)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング