黒木華主演「ゴシップ」にあがった「視聴者を置いてきぼりにしないで!」

 1月6日にスタートした黒木華主演ドラマ「ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○」(フジテレビ系)。大手出版社が運営するニュースサイト「カンフルNEWS」の編集部に、執行役員・仁和正樹(安藤政信)の働きかけにより経理部から突如として異動となった瀬古凛々子(黒木)。経理部では、不正を見逃さない厳しいチェックぶりから地獄の番犬“ケルベロス”とも呼ばれていた凛々子は、愛読書の辞書を片手に「コタツ記事」を掲載している「カンフルNEWS」の文字通りカンフル剤となり、第1話の最後では辞職する山田礼二(生瀬勝久)に替わり「カンフルNEWS」の編集長に。

 ネット上では「生瀬さんが第1話で退場なんてひどい!」という声とともに、「お願いだから前クールと同じ過ちを冒さないで!」「どうしてフジの木10ドラマは仕事と恋愛を絡めるのがヘタなの?」「同じ黒木華主演の『重版出来!』は、お仕事要素オンリーですごくよかったのに」といった声が続々とあがっている。

「溝端淳平演じる『カンフルNEWS』編集部員の1人である根津道春がつまずいて、黒木演じる凛々子にキスしそうな状態で覆いかぶさるように床ドンで終わったため、2人に恋愛フラグが立ったことは明らか。視聴者はそのことに違和感があるのでしょう。前クールの江口のりこ主演『SUPER RICH』をはじめ、比嘉愛未主演『推しの王子様』、鈴木亮平主演『レンアイ漫画家』など、フジテレビの木曜夜10時枠のドラマは見事にどれも“仕事と恋愛”をヘタに絡めてはコケてばかり。仕事と恋愛をテーマにするなら、転んで床ドンするようなベタで安直な展開はやめて、リアリティを追求してほしいですね」(女性誌記者)

 厳しい声があがるのは、それだけ期待されているからだろう。

Asa-Jo チョイス

  1. 125211

    実はワタシ、ドロドロの世界を垣間見たい欲望に満ち溢れているの

    「偽善ヅラのマウント女に仕掛ける壮絶な復讐」、「ウソをバラまき新居を乗っ取ろうとする執拗な姑」、「親の借金、妹の賠償、金に翻弄される不幸女のドロ沼」……etcこんな文言に見覚えがある方もいらっしゃるのではないでしょうか? … 続きを読む 実はワタシ、ドロドロの世界を垣間見たい欲望に満ち溢れているの

  2. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

  3. 107566

    レーシングドライバー「佐藤蓮」って何者?バーチャル“おうちデート”でギャップ萌え!

    イケメンのレーシングドライバーとデートしませんか?──編集部からライターの自分に唐突な依頼。戸惑いながらも、「ぜひっ!」と即決。とはいえ、アラフォーの私はレースのことは詳しくないし、しかも19歳って……。不安ながらもワク … 続きを読む レーシングドライバー「佐藤蓮」って何者?バーチャル“おうちデート”でギャップ萌え!

注目キーワード

ランキング