女性は参考になる?美人レイヤーがオタクを突き放した2つの言葉とは!?

20160710nekomu

 有名漫画家との31歳差デキ婚した「日本一かわいいレイヤー」の異名を持つ御伽ねこむ。熱心なファンからストーカーまがいに粘着されることもしばしばだったが、そんな彼女がオタクたちに放った2つの言葉が結婚を機にクローズアップされ、“名言”だと話題を呼んでいる。

 1つ目は昨年3月28日にツイートされた「私でシコるのは構わないけど私との可能性は感じないでほしい」というもの。勝手にオカズにするぶんにはいいが、男女の関係になることはないと突き放している。

 2つ目は続けてツイートされた「私との可能性を感じたかったら子宮から人生やり直してほしい」だ。つまり、今のお前とは男女の関係になることはない。もし、そうなりたかったら生まれてくる前からやり直せというわけである。

「どちらも上から目線の生意気な発言ですが、その“ツンぶり”が受けたようです。ちなみに『どんな人なら可能性があるのか?』という質問が寄せられた際に彼女は『絵がうまい人』と答えています」(ネットウォッチャー)

 ストーカー化しそうなしつこい男が現れた時は、この2つの言葉で撃退できるかも!?

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング