フジテレビ社長の発言にNO!「ミステリと言う勿れ」続編にあがった“嫌な予感”とは

 これはもう確実に続編や映画化があることだろう。

 3月28日に最終回を迎えた菅田将暉主演ドラマ「ミステリと言う勿れ」(フジテレビ系)。その3日前の25日に開かれたフジテレビの定例会見で金光修社長は「最終回もすばらしい仕上がりになっていると聞いており、多くの皆さまに楽しんでいただけることを期待している」と発言。小川晋一専務も続編や映画化の可能性について「非常にドリーム感を持って受け止めている」と意欲を示した。さらに同日、主演の菅田も「個人的には、続編を希望していますので、心身ともに整えてオファーを待っています。皆さん、お疲れさまでした!」と映画情報ウェブサイト「シネマトゥデイ」で明かしているのだ。

「ネット上では喜びの声と同時に『嫌な予感しかしない』という声があがっています。その理由は、フジテレビの金光社長が3月14日放送の第10話を例に挙げ『恋愛の描き方が、昔のトレンディドラマとはちょっと違った形に昇華したんじゃないかと思う』、小川専務も『ドラマとして恋愛模様も含めて“今のドラマ”として描かれていると思う』と自画自賛しているから。このドラマの視聴者である大半の女性は、伊藤沙莉演じる風呂光が整に恋心を抱くこと=恋愛模様に嫌悪感を覚えているのに、社長と専務がその点を『よし』としているので、どうかその勘違いに気づいてほしいと切望しているようです。

 原作漫画とドラマに相違点があるのは当たり前のことですが、このドラマで描かれている風呂光は、『私なんか整くんに釣り合わない』と言いながらも、整の生活圏内にいることを死守しようとする“女が嫌いな女”の典型です。特に第10話では、原作漫画とは180度違う『仕事より恋愛優先』なドラマオリジナルの風呂光が強烈に描かれていたので、続編や映画では『風呂光をもっと仕事熱心な原作に近いキャラでお願いしたい』『女性脚本家なら女が嫌う女は書かないでほしい』『風呂光も丁寧にキャラ設定してほしい』といった声がネット上にあふれているようです」(女性誌記者)

 続編や映画化も楽しみだが、風呂光が同性から反感を買わないキャラに変わっていることに期待したい。

Asa-Jo チョイス

  1. 187417

    イケメン勢ぞろい!? 話せる、推せる、新たなエンタメ「ふわっち」のライブ配信を女性編集部員が体験リポート

    仕事で疲れて帰宅した夜や退屈な休日、ちょっと息抜きや気分転換をしたいときってありますよね?そんな時間にイケメンたちから癒しや元気をもらえる無料アプリがあるんです!そのアプリとは……ズバリ、ライブ配信アプリ「ふわっち」。幅 … 続きを読む イケメン勢ぞろい!? 話せる、推せる、新たなエンタメ「ふわっち」のライブ配信を女性編集部員が体験リポート

  2. 196783

    新しいチャレンジを継続させるために――まずはこれに取り組んでみて!

    「よし、今日からこれを習慣化させたい!」と思っても、それを実行に移すのは容易ではありません。これまでやってこなかったことを取り組むようにするには、高い意識が必要です。とはいえ、いつも高い意識でいるのは難しいですよね。そこ … 続きを読む 新しいチャレンジを継続させるために――まずはこれに取り組んでみて!

  3. 192828

    家族の風邪に備えていますか――チェックしておきたい12項目とは?

    そろそろ本格的な秋冬シーズンがやってきます。気温が下がって空気も乾燥することから、風邪をひきやすい時期でもありますね。みなさんは、自分や家族の風邪予防のために日々どんな準備をしていますか?あまり知られていないかもしれませ … 続きを読む 家族の風邪に備えていますか――チェックしておきたい12項目とは?

注目キーワード

ランキング