スカッとする!山本舞香「ミタゾノ」ヤンキーアクションの凄まじさ

「やっぱりミタゾノはスカッとする」という声が相次いでいる松岡昌宏主演ドラマ「家政夫のミタゾノ」第5シーズン(テレビ朝日系)。

 4月22日放送の第1話は、紫色の特攻服を着た女性たちが次から次へとツバを吐き、赤い特攻服に真っ赤なリップをした山本舞香演じる本仮屋素子が最後にキレよくツバを吐いたかと思うと「てめぇ、よくも掟を破りやがったな!」というバリバリのヤンキー怒声でスタート。「男に媚びを売るべからず」との掟を破った女性との抗争が始まるも、ひょっこり現れた三田園(松岡)にあっという間に全員がノックアウト。しかし素子(山本)はなんとか三田園の名前を聞き出し、むすび家政婦紹介所にやって来るのだ。

 三田園を「姐さん」、自身のことを「あたい」と呼び、私服は山本自身が昨年8月に「女性自身」で報道された「水着同然のへそ出しルック」とほぼ同じコーディネートという視聴者に対するサービスのオンパレード。そのためネット上には「いいぞー! まいかんち」「自分のことあたいって呼ぶの、アンタが言うとめっちゃかわいい!」「本仮屋素子を演じているのか山本舞香のままでカメラの前に立っているか、どっちかわからないけどすっごくいい!」など、称賛の声があふれているのだ。

「冒頭の乱闘シーンでも、小学1年生から中学3年生まで習っていた空手の腕前を活かしたアクションシーンや、まるで静止画像のように動きを止めたままでいるシーンでも、山本は際立って美しかったんです。そのため『まいかんちの体幹がスゴイ』『まいかんちのアクションのキレがスゴイ。さすが黒帯』『このキャラはあて書きというか、まいかんちにしか演じられない』と放送中から声援が起きていたほど。新シーズンに山本が加入して大正解でしょう」(女性誌記者)

 仕事ができるOL役やひどいニキビやいじめに悩む高校生役よりも、情に厚く涙もろい“ヤンキー素子”を演じているほうがキラッキラした光を放っている山本。今後の活躍に期待しかない。

Asa-Jo チョイス

  1. 138802

    スマホで恋人探しってちょっと心配。独身・結婚願望有りの男性を見つける方法は?

    この2~3年、恋愛関係で新たな出会いってありましたか?合コンはおろか普通の飲み会さえないし、趣味や旅先の出会いも皆無。仕事でも取引先とはオンライン、同僚ともたまにしか会わない。こんな状況で彼氏を探すなんてほぼ無理! じゃ … 続きを読む スマホで恋人探しってちょっと心配。独身・結婚願望有りの男性を見つける方法は?

  2. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

  3. 107566

    レーシングドライバー「佐藤蓮」って何者?バーチャル“おうちデート”でギャップ萌え!

    イケメンのレーシングドライバーとデートしませんか?──編集部からライターの自分に唐突な依頼。戸惑いながらも、「ぜひっ!」と即決。とはいえ、アラフォーの私はレースのことは詳しくないし、しかも19歳って……。不安ながらもワク … 続きを読む レーシングドライバー「佐藤蓮」って何者?バーチャル“おうちデート”でギャップ萌え!

注目キーワード

ランキング