篠原ともえ、派手ファッション願望告白で“シノラー”時代の才能が再評価

 タレントの篠原ともえが11月9日、「文化服装学院×HOTSOX11/09」の記者発表会に参加。かつて一世風靡した“シノラー”ファッションについて回帰願望を明かした。

 ファッションデザイナーとしての顔も持つ篠原は、文化服装学院の学生と共演。“シノラー”としてブレイクした当時、篠原は文化女子大学(現・文化学園大学)短期大学部服装学科の学生で「90年代に自身でスタイリングして、創作していた“シノラー”ファッション時代は学校に通う女子大生だったんです」と明かした。

 学生からの質問コーナーで「今でも以前のような“シノラー”ファッション、カラフルで派手なファッションをしたい思いはありますか?」との質問を受けた篠原は、「ありますよ」と回答。当時のファッションを回顧しながら、「ファッションはTPOに合わせるのをすごく大事にしている。当時のシノラーのTPOはカラフルなアイテムが大切だった。今日は学生さんが主役なのでモノトーンにコーディネートさせた。華やかなステージの時は、思いっきりカラフルなファッションを楽しみたい」と語った。

 ネット上では、《シノラーのファッションは確かに当時は奇抜だったが、ひとつひとつの選び方、身につけ方、捕らえ方のセンスは今見ても圧倒されるレベル》《篠原さんってもともとかなりの才能というか、個性がたくさんある人でしたからね。あの奇抜なシノラーもその一つで、芸能人としての能力が高かった印象》《奇抜なキャラ設定すると破綻するのも早いけれど、篠原ともえさんは長期継続できていたことが凄いと思いました》など篠原の才能を評価する声が続出した。

「篠原は“シノラー”時代、お団子頭に前髪を短く切りそろえ、手作りのアクセサリーやランドセルなど奇抜なファッションで強烈なインパクトを与えていました。当時は無理してキャラを演じていたのではなく、『テレビの世界に飛び込むという夢が叶い、完全に舞い上がっている少女の姿がそのまま画面に映し出されていた感じ』と15年の雑誌のインタビューで語っており、計算も演出もゼロだったとのこと。シノラーブームが過ぎたあとも短大のデザイン科で学び続けた結果、ファッションの仕事も増え、14年には松任谷由実のコンサート衣装のデザイナーにも抜擢されています」(芸能記者)

 いつか、大人になって進化した“シノラー”ファッションも見てみたいものだ。

(柏原廉)

Asa-Jo チョイス

  1. 147777

    婚活だけじゃない! 独身女性なら絶対に行ってほしい“ツヴァイ(ZWEI)の『マッチング無料体験』”良かった3つのこと

    会員数は業界最大級の約9.7万人(※)、そして全国に50店舗もある結婚相談所の「ツヴァイ(ZWEI)」。人生で初めて結婚相談所に行き『マッチング無料体験』をしてみた結果、本当に行ってよかった! 体験して良かった! と思っ … 続きを読む 婚活だけじゃない! 独身女性なら絶対に行ってほしい“ツヴァイ(ZWEI)の『マッチング無料体験』”良かった3つのこと

  2. 138802

    スマホで恋人探しってちょっと心配。独身・結婚願望有りの男性を見つける方法は?

    この2~3年、恋愛関係で新たな出会いってありましたか?合コンはおろか普通の飲み会さえないし、趣味や旅先の出会いも皆無。仕事でも取引先とはオンライン、同僚ともたまにしか会わない。こんな状況で彼氏を探すなんてほぼ無理! じゃ … 続きを読む スマホで恋人探しってちょっと心配。独身・結婚願望有りの男性を見つける方法は?

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング