山口百恵はなぜスターだったのか?秋元康氏の「深すぎる表現」に視聴者が共感

「真夜中に廊下が明るくなった」

 様々な著名人と仕事をしてきた、作詞家でプロデューサーの秋元康氏だが、ある女性アイドルを目の当たりにした際は圧倒的なオーラを感じたという。

 これまで4000曲以上の楽曲の作詞を手掛けたほか、ドラマや映画、番組の台本執筆など、ジャンルを選ばないマルチプロデューサーとして活躍してきた秋元氏。11月13日放送の「日曜日の初耳学」(TBS系)では、そんな同氏に対し、インタビュアーの林修氏が「今まででいちばん凄いと思ったアイドル」は誰かと尋ねた。

 これに秋元氏は同い年だという「山口百恵さん」と答え、印象的だったエピソードを回想。17歳の頃から、すでに放送作家の弟子として活動を始めていた秋元氏は、「高校2年生の時、ニッポン放送で山口百恵さんの台本を書いていた。この人が凄いなと思ったのは、夜中にニッポン放送の3階のロビーで、廊下側に背中を向けて原稿を書いていたのに、フワンって(その場が)明るくなった。振り向いたら、山口百恵さんが学校の制服を着て、録音をしに来てた」と、山口さんの存在感に驚かされたという。

「スターのオーラは本当に見えるんだと思った」と感動した当時の秋元氏だったが、「でも、それは僕の勝手な思い込みで、そんなの見えてない。でも、それくらいに見えるという深読み。僕の中では真夜中に光なんて見えないのに、見えた気になったところがスターだと思う」と振り返った。

 続けて、「深読みしてしまうってことは、僕らが(話を)盛りたくなる。みんなが語りたくなる。それがスターの条件じゃないですか」と主張していた。

「深読みし、エピソードを盛って話したくなることが『スターの条件』とする一連の見解には、世間から『すごく納得』『その状況を説明する時の、秋元さんの言葉の選び方はさすがだと思う』『これは深すぎる表現』との声が寄せられたほか、高校生の時点で山口百恵さんの台本を任されていた事実にも『そこがまず凄すぎるわ』『まさに早熟の天才』などの反応がありました」(テレビ誌ライター)

 秋元氏といえば、31歳という若さで、美空ひばりさんの名曲「川の流れのように」の作詞を担当。その手腕を早くから発揮していたことから、山口百恵さんに負けずとも劣らずの天賦の才能があることは間違いないだろう。

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 147777

    婚活だけじゃない! 独身女性なら絶対に行ってほしい“ツヴァイ(ZWEI)の『マッチング無料体験』”良かった3つのこと

    会員数は業界最大級の約9.7万人(※)、そして全国に50店舗もある結婚相談所の「ツヴァイ(ZWEI)」。人生で初めて結婚相談所に行き『マッチング無料体験』をしてみた結果、本当に行ってよかった! 体験して良かった! と思っ … 続きを読む 婚活だけじゃない! 独身女性なら絶対に行ってほしい“ツヴァイ(ZWEI)の『マッチング無料体験』”良かった3つのこと

  2. 138802

    スマホで恋人探しってちょっと心配。独身・結婚願望有りの男性を見つける方法は?

    この2~3年、恋愛関係で新たな出会いってありましたか?合コンはおろか普通の飲み会さえないし、趣味や旅先の出会いも皆無。仕事でも取引先とはオンライン、同僚ともたまにしか会わない。こんな状況で彼氏を探すなんてほぼ無理! じゃ … 続きを読む スマホで恋人探しってちょっと心配。独身・結婚願望有りの男性を見つける方法は?

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング