三谷幸喜氏が苦言!「ファスト映画」の横行で「いちばんイヤ」なこととは

 映画を愛する作り手にとって、「ファスト映画」騒動は様々な意味で許せないものだという。脚本家で映画監督の三谷幸喜氏が、映画界を悩ませてきたダイジェスト動画について物申した。

 昨今、YouTubeでは映画の映像や画像を無断で使用し、10分程度の短尺に編集してストーリーを明かしてしまう「ファスト映画」なる法律違反動画が蔓延。著作権法に抵触するのはもちろん、ネタバレの要素も含んでおり、かねてより映画会社から問題視されてきた。

 11月19日放送の「情報7days ニュースキャスター」(TBS系)では、インターネット上にこの「ファスト映画」をアップした投稿者に対し、1再生あたり200円、総額5億円の賠償命令が言い渡された件を特集。これについて意見を求められた三谷氏は「著作権の問題も当然あると思うんですけど、作品を短くしちゃうわけでしょ。絶対困るんです」と語った。

 三谷氏は続けて「僕みたいなコメディを作ってる人間からすると、僕の作品、短くされちゃうと絶対面白くなくなっちゃうから、『三谷の作品、つまんないな』って思われるのがいちばんイヤなんです」と述べ、三谷作品は特にダメージを受けてしまうというのだ。

「三谷氏が脚本や監督を務める映画には、本筋と大きく関わることのない部分にも、フリや小ネタ、伏線などが随所に散りばめられており、そうした繊細な要素が“三谷作品のDNA”として高く評価されています。制作者ではない人間が勝手に短くした『ファスト映画』では、その醍醐味が失われてしまうことから、三谷氏にとっては著作権侵害以上に“いちばんイヤなこと”だと表現したのでしょう。 ネット上でも『最もなご意見』だとする声のほか、『厳しく取り締まり、厳しく罰することが知的財産権を守ることだと思う』『映画は話がわかればいいというものではない。この取り締まりが行われたことで、実際に映画を観て楽しむ人が増えてほしい』などといった反応が見られました」(テレビ誌ライター)

 ただでさえ、映画界はコロナ禍で大きな経済的ダメージを被っており、ダイジェスト動画の横行は泣きっ面に蜂。厳罰をもって対処する必要があると言えるだろう。

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 147777

    婚活だけじゃない! 独身女性なら絶対に行ってほしい“ツヴァイ(ZWEI)の『マッチング無料体験』”良かった3つのこと

    会員数は業界最大級の約9.7万人(※)、そして全国に50店舗もある結婚相談所の「ツヴァイ(ZWEI)」。人生で初めて結婚相談所に行き『マッチング無料体験』をしてみた結果、本当に行ってよかった! 体験して良かった! と思っ … 続きを読む 婚活だけじゃない! 独身女性なら絶対に行ってほしい“ツヴァイ(ZWEI)の『マッチング無料体験』”良かった3つのこと

  2. 138802

    スマホで恋人探しってちょっと心配。独身・結婚願望有りの男性を見つける方法は?

    この2~3年、恋愛関係で新たな出会いってありましたか?合コンはおろか普通の飲み会さえないし、趣味や旅先の出会いも皆無。仕事でも取引先とはオンライン、同僚ともたまにしか会わない。こんな状況で彼氏を探すなんてほぼ無理! じゃ … 続きを読む スマホで恋人探しってちょっと心配。独身・結婚願望有りの男性を見つける方法は?

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング