「全盛期のビートたけしみたい」古舘伊知郎が回顧した飯島愛のバラエティ能力

「あれほど当意即妙、言い得て妙、反射神経の素晴らしさを感じた人は当時いなかった」

 08年12月17日は、元艶系女優・タレントとして活躍していた飯島愛さんの命日(36歳没)だった。自宅マンションで亡くなっているのが親戚の女性により発見された時、既に死後一週間ほど経過していたことが判明し、当時大きな衝撃を世間に与えたものだ。

 冒頭、番組共演を通じて飯島さんの生前のバラエティ能力の高さを激賞したのは、フリーアナの古舘伊知郎。12月17日、YouTubeチャンネル〈古舘伊知郎チャンネル〉で、こう振り返った。

「茶化すんですよ、うまいんですよ。全盛期のたけしさんみたい。ビートたけしの頃の若かりし頃のたけしさんは全部茶化すじゃない。茶化すけどものすごく芯食ってたりするじゃない。それと同じなんだよ。飯島愛ちゃんのトークセンスっていうか、反射神経って」

 古舘が毎年のように開催していたトークライブ「トーキングブルース」にも飯島さんは駆けつけていたそうで、終演後、楽屋に足を運び、当時は日本人に馴染みのなかったハグを堂々と古舘に行ったという。

「飯島愛亡き後、元艶系女優であそこまでブレイクした女性タレントはいまだに芸能界に現れていません。ゲスト出演からレギュラーを勝ち取る、まさに1つのチャンスをものにする勝負強いタイプで、古舘の発言もまんざら持ち上げているわけではないことがわかります」(芸能関係者)

 凌ぐ逸材がいつの日か現れるのか。

(所ひで/ユーチューブライター)

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング