庶民派は嘘だった!紗栄子、インスタでの連続“豪邸自慢”にネット民が胸焼け

20160903saeko

 熊本地震への寄付で好感度上昇もつかの間、紗栄子の嫌われ体質は健在だったようだ。

 8月24日、紗栄子は自身が出演した昨年放送の月9ドラマ「5→9~私に恋したお坊さん~」(フジテレビ系)で共演した石原さとみ、中村アンらを自宅に招いて、女子会を行ったことを報告。しかも、ただそれだけの投稿なのに批判を浴びているのはなぜなのか。女性誌記者が語る。

「紗栄子は先月初旬にも、たこ焼きパーティを自宅で開催したことをインスタで報告。女子会を楽しむ面々のバックにはオシャレなオブジェなどが映り込んだりと、リビングの感じがモロにわかる写真が多く、そこには家とは思えない広々とした空間が広がっていたことで『まるでカフェのようだ』と驚く声があがりました。今回もそれに続いて紗栄子邸での開催。8月で2回目の自宅公開写真がアップされたわけですが、ネットを見る庶民には『ホントはたこ焼きとか女子会とかどーでもよくて、完全な豪邸自慢』『ちなみに私、こんなところに住んでますって高笑いが写真から聞こえてきそう』『庶民派アピールが嘘だったことがモロバレじゃん』など、そのパーフェクトなセレブぶりをアピールしたいだけと映ったようです」

 昨年末にはドラッグストアの特売日に、店の入り口に掲げられている「本日特売日!!」の横断幕をわざわざバックに自撮りして庶民派アピールを試み、好感度アップを狙うも大失敗した紗栄子。その後、多額の寄付や彼氏の莫大な資産も世間に広まり、庶民派アピールの意味がなくなったことは確かだ。

「確かに私たちメディアがインスタを見ても、パーティのことより海外セレブのような部屋の印象が強い。憧れてもとても叶うような内装ではありませんし、確信犯で自慢していると思われてもしかたありませんね」(前出・女性誌記者)

 もうここまできたら、ネット芸能人のようなちょこざいな小ネタ報告などせず、困った人たちへの多額の寄付をいとわない、でも女王のような暮らしを満喫する世界レベルのセレブになってほしいものだ。

(田中康)

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング