B’zん、ラルクん…小沢健二が「売れる歌手」の法則を紹介してネットが大喜利祭りに

 シンガー・ソングライターの小沢健二が1月17日、自身のツイッターを更新。エンタメ界に伝わる、“とある説”を紹介した。

 この日、小沢は「ぼくに『オザケン』と付けたのはスチャダラパーなのですが、昔のエンタメ界には迷信?があり、『ユーミン』『キョンキョン』『サザン』など、『ン』終わりは売れるって説がありました。そういえば『あいみょん』『ヒカキン』『ヒゲダン』…?」とツイート。

 ネット上ではこの投稿に対して、《ダウンタウンとかナインティナインとかね》《芸人さんもそれを念頭に置いてコンビ名つけたりするらしいよね。ハリセンボンとか》《くまモン、イエモン、ゆりやん、スノーマンとか》など納得の声が上がった一方で、《ン以外もいっぱい売れてるからね》《結果論じゃないかなあ「ん」入ってたのに売れずに終わった人たちだってその数十倍いそうな気がする》《SMAPとか嵐とか「ん」なくても売れてるグループもあるもんね》など反論も続出。ついには《B’zん》《GLAYん》《ラルクん》《ドリームズ・カム・トゥルーん》と何でも「ん」を付ける大喜利状態となった。

「似たような例では、ジブリの映画のタイトルは『の』が入っているとヒットする、お笑いコンビの名前の場合は濁点があり、ダウンタウンのように『ン』が付いて、発音や意味が似ている単語、または反意語が2つ並ぶと売れやすい、などがあります。名前やタイトルに限らず験担ぎというのはどこ世界にでもあり、これもそのうちのひとつということでしょう」(芸能記者)

 語尾に「ン」を付けるだけで売れるなら苦労はないということか。

(柏原廉)

Asa-Jo チョイス

  1. 165060

    毎月のつらい生理。解放されたキッカケはオンライン診察からの「低用量ピル」でした

    生理のせいで、時々、あーっ…! と思うことはありませんか? たとえば旅行とタイミングがぶつかってしまった時、仕事や学校などが忙しく休みにくいのに体調が悪くなった時、温泉やプール、海などに遊びに行こうと思った時。小~中学生 … 続きを読む 毎月のつらい生理。解放されたキッカケはオンライン診察からの「低用量ピル」でした

  2. 164837

    40~50代でもバストの悩みが解消できる!?業界のパイオニア「SUNMEDICAL」なら応えてもらえる!

    普段は隠れているところだけれど、美しかったらいいな、服越しにかっこよく見せたいな、と思う体の部位といったら断然バスト。なぜなら、人と会う際、顔を見るのと同時に視界に入ってくるのがバストだからです。つまり、あなたの第一印象 … 続きを読む 40~50代でもバストの悩みが解消できる!?業界のパイオニア「SUNMEDICAL」なら応えてもらえる!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング