【らんまん】広末とディーンに続いて寺脇康文も倉庫入り?大物俳優の再登場はあり得るのか

 この調子で次々と登場人物を使い捨てしていくのだろうか?

 4月14日放送のNHK連続テレビ小説「らんまん」第10回では、学問所「名教館」の学頭を務める池田蘭光(寺脇康文)が、名教館の閉鎖に伴って地元を去る意思を明らかに。またもや主要キャラが「倉庫入り」したのかと視聴者を呆れさせている。

 半年間にわたる朝ドラでは主人公の成長を描くこともあって、登場人物が次々と入れ替わっていくもの。なかには数回の出演だけで姿を消すキャラもおり、視聴者からは倉庫入りと揶揄されている。それが今作の「らんまん」では早くも、3人もの主要キャラが倉庫入りしているというのだ。

「主人公・万太郎の母親であるヒサ(広末涼子)、万太郎に天狗だと勘違いされた坂本龍馬(ディーン・フジオカ)、そして今回の蘭光です。いずれも他の作品では主役を張るレベルの役者ばかりであり、そんな3人をあっさりと倉庫入りさせるのは登場人物の無駄遣いとも、贅沢使いとも指摘されるところ。いずれにせよもったいない感は否めません」(テレビ誌ライター)

 もっとも倉庫入り自体は他の朝ドラでも日常茶飯事であり、それ自体は責められることではない。ただ「らんまん」では倉庫入りとなる時期が早すぎ、しかも大物ぞろいなことから、視聴者も驚いているのである。

 前作の「舞いあがれ!」では、ヒロインの舞が小3だった「五島編」に、祖母の祥子(高畑淳子)が登場。五島を離れてからも電話でやり取りする場面があったほか、後に夫となる貴司(赤楚衛二)が祥子の家に住み込みで働くなど、倉庫入りとは無縁だったものだ。

 同様に村役場の浦信吾(鈴木浩介)や、島の若者・さくら(長濱ねる)らも終盤まで登場。ほかにも「航空学校編」で舞の同期だった登場人物が終盤に何度か再登場を果たしており、完全な倉庫入りを避けていたのである。

 それを可能にしたのは「舞いあがれ!」にてヒロインの舞が、成長してからも五島に何度も戻ってきていたからだ。東大阪の町工場を描く物語ながら、五島をもう一つの舞台にすることで話に膨らみを持たせ、登場人物を使い捨てしないことに成功していたのである。

「その点では『らんまん』にも今後、倉庫入りした登場人物が“蔵出し”される可能性があります。主人公・万太郎のモデルとなった牧野富太郎博士は、植物学者になってからも東京と故郷を何度も往復。それゆえ今後も故郷の佐川が舞台として描かれるかもしれません」(前出・テレビ誌ライター)

 すでに他界したヒサと龍馬だが、回想シーンで登場する可能性はありそうだ。蘭光もモデルとなった儒学者・伊藤蘭林が1895年(明治28年)まで存命であり、大人になった万太郎と再会する可能性はゼロではない。

 果たして広末やディーン、寺脇らの再登場はあるのか。名教館で親しくなった広瀬佑一郎(岩田琉生)との再会もあり得るのか。視聴者としては第3週以降のお手並みを拝見といったところだろう。

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング