菅田将暉が大ヒット中「ミステリと言う勿れ」での難しい役を引き受けた“2つの理由”

 菅田将暉主演の映画「ミステリと言う勿れ」が、公開4週連続して週末の観客動員ランキング1位を獲得した。今年公開の日本映画では「キングダム 運命の炎」に続いて2本目の快挙だ。

 今作は、田村由美氏による累計発行部数1800万部の大人気漫画が原作。菅田演じる天然パーマがトレードマークの主人公・久能整が、淡々とした語り口で事件を解決しながら人の心を解きほぐしていく新感覚のミステリーだ。広島の旧家・狩集家で起きた遺産相続の謎に迫る、ファンの間では評判の高い「広島編」が映画化された。10月9日までの累計成績では動員255万人、興行収入34億円を突破。2021年に公開された菅田将暉主演の最大のヒット作「花束みたいな恋をした」は最終興行収入38.1億円。この記録を超えるのも時間の問題だと言われている。

 今作を演じるにあたり、主演を務める菅田には並々ならぬ苦労があったようだ。

「菅田が演じる、カレーをこよなく愛し、友達も彼女もいない整は、濃すぎるキャラクターの上にシェイクスピア劇を思わせるような長ゼリフ。憑依型の俳優と言われる菅田でさえ、今作ではアドリブも出なかったと役作りの難しさについて語っています。それでも出演オファーを受けた理由のひとつは、整と菅田将暉がもともと似ていること。そしてもうひとつは、今作で整がしゃべる『子供って、乾く前のセメントみたいなんですって。落としたものの形が、そのままあとになって残るんです』というセリフに心奪われたからなのだそうです」(芸能ライター)

 公開31日で観客動員320万人。興行収入45.9億円を突破した「キングダム 運命の炎」の記録を追い抜くことができるのか。

(窪田史朗)

Asa-Jo チョイス

  1. 187417

    イケメン勢ぞろい!? 話せる、推せる、新たなエンタメ「ふわっち」のライブ配信を女性編集部員が体験リポート

    仕事で疲れて帰宅した夜や退屈な休日、ちょっと息抜きや気分転換をしたいときってありますよね?そんな時間にイケメンたちから癒しや元気をもらえる無料アプリがあるんです!そのアプリとは……ズバリ、ライブ配信アプリ「ふわっち」。幅 … 続きを読む イケメン勢ぞろい!? 話せる、推せる、新たなエンタメ「ふわっち」のライブ配信を女性編集部員が体験リポート

  2. 196783

    新しいチャレンジを継続させるために――まずはこれに取り組んでみて!

    「よし、今日からこれを習慣化させたい!」と思っても、それを実行に移すのは容易ではありません。これまでやってこなかったことを取り組むようにするには、高い意識が必要です。とはいえ、いつも高い意識でいるのは難しいですよね。そこ … 続きを読む 新しいチャレンジを継続させるために――まずはこれに取り組んでみて!

  3. 192828

    家族の風邪に備えていますか――チェックしておきたい12項目とは?

    そろそろ本格的な秋冬シーズンがやってきます。気温が下がって空気も乾燥することから、風邪をひきやすい時期でもありますね。みなさんは、自分や家族の風邪予防のために日々どんな準備をしていますか?あまり知られていないかもしれませ … 続きを読む 家族の風邪に備えていますか――チェックしておきたい12項目とは?

注目キーワード

ランキング