今度は「亜人」主演!佐藤健の活路はアクションしかないのか?

20161110satou

 桜井画門の人気コミック「亜人」が、「踊る大捜査線」シリーズの本広克行監督、佐藤健主演で実写映画化されることが決まった。主人公の“亜人”は体を再生できる不死身の新人類。過激なアクション描写になりそうな物語なのだが、それを映画「るろうに剣心」(12年・14年)で素晴らしい身体能力を披露した佐藤がスタントマンなしで挑戦するということで、原作ファンからも期待が集まっている。しかしその一方で、作品のチョイスに「やっぱりアクション?」という声があるのも現状だ。

 今年は佐藤にとって俳優デビュー10周年の節目の年。07年に「仮面ライダー電王」(テレビ朝日系)で主演を果たして注目を浴び、10年にはNHK大河ドラマ「龍馬伝」で時代劇に初挑戦した。そこで出会った大友啓史監督とのコンビによる「るろうに剣心」は、3部作合計で興行収入125億円超の大ヒットに。昨年は「天皇の料理番」(TBS系)で演技的にも評価され、まさに順風満帆の勢いがあった。しかし今年は、川村元気のベストセラー小説を映画化した「世界から猫が消えたなら」が興収12億3000万円、現在公開中の「何者」も10億円台にとどまるのではないかと予想され、雲行きが怪しくなってきているのだ。

「大ヒットを連発する東宝の配給、原作の知名度、共演者の顔触れなどを考えると、今年の2作品の数字は予想を下回るものと言っていいでしょう。過去に彼が脚光を浴びたのはアクション主体で、特に映画に関してはノン・アクション作品での集客力の弱さを露呈した形になってしまいました。ただ、『亜人』では驚愕のスピード・チャンバラを作り上げた『るろうに剣心』のチームがアクション指導を担当しますので、その要求に彼が応えれば起死回生の作品になる可能性もあります」(映画ライター)

「亜人」が成功した場合は、アクションスターのイメージがさらに強まることになる。デビューから10年、佐藤健の俳優人生において、ここが分岐点になるかもしれない。

Asa-Jo チョイス

  1. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

  2. 98626

    血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

    血行不良による冷えやむくみ、仕事や家事の疲れによる脚のコリ……。アラサー、アラフォー女性の健康に対する悩みは尽きませんよね。そこで、同じような悩みを抱える30代のライターである私が、身も心も“キレイ”になるための方法を考 … 続きを読む 血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

  3. 3199

    【コレは使える】あと少し!というときに効果絶大の「便秘解消マッサージ」

    「あぁ、やっとキタ!」とトイレに駆け込んで便座に座るも、あと一歩なのに出てくれない‥‥。そんな悔しい思いをするのが、そう便秘です。実はそんなときに焦っていきむことは禁物。便はカラダに力が入って緊張すると、余計に出なくなる … 続きを読む 【コレは使える】あと少し!というときに効果絶大の「便秘解消マッサージ」

注目キーワード

ランキング