きゃりーが「自称評論家」「新規を敵視」の厄介ファンに怒り心頭!

20161121kyari

 ファンの行き過ぎた投稿は、アーティストのモチベーションにも影響する?

 きゃりーぱみゅぱみゅが11月15日に自身のツイッターを更新、一部のファンのSNSでの行き過ぎた発言にショックを受けていることを打ち明けた。

 きゃりーは「最近ハッシュタグっちゅーのを付けて見てるとさ、イベントで凄く楽しそうだった人がクソイベントだったとか言いまくってて悲しい気持ちになる」と暴言を吐くファンの存在に頭を悩ませているようだ。

 これに続けて「新規のファンを嫌ってたり、喧嘩したり。ファンって行き過ぎると敵なの? なんなの? 私はもうこれ以上見ないことにします~みんな仲良くね」と、自分では手に負えないと判断したのか、半ばあきらめたような投稿をしている。

「デビュー当時や古くから応援しているファンを『古参ファン』と呼びますが、きゃりーのファンに限らず、特にアイドルの世界では新規ファンを嫌う古参ファンが多い。そういった古くからのファンは、自分が先に見つけたという意識から、そのアーティストに対しての知識は自分のほうが持っているということをアピールしたがったり、応援の熱の入り方が違うということを示したいという人が多い。また、ライブでファン同士のトラブルも最近は急増中で、ライブの妨げになる行為を起こすファンもいる。きゃりーも言っているように、アーティストにとってはかなり厄介な存在になってきています」(エンタメ誌記者)

 さらに、きゃりーは「私をディスっていれば特別なファンとか別にないからね」と、自分をバカにするファンについても苦言を呈している。

「今やネットやツイッター上でなんでもかんでも自分の意見を発信できる時代ですから、楽曲やライブの出来など、なんでもかんでも批評したがる自称評論家だらけ。それをエゴサーチやパフォーマンス向上のための意見として取り入れることもありですが、大半は自己チューだったり無茶苦茶な持論が多い。きゃりーはそれらに敏感に反応してしまうタイプですから、今後もトラブルは避けられないでしょう」(前出・エンタメ誌記者)

 古参だろうが新規だろうが、歳も違えば立場も違う。なぜ一緒に応援できないのだろうか?

(本多ヒロシ)

Asa-Jo チョイス

  1. 165060

    毎月のつらい生理。解放されたキッカケはオンライン診察からの「低用量ピル」でした

    生理のせいで、時々、あーっ…! と思うことはありませんか? たとえば旅行とタイミングがぶつかってしまった時、仕事や学校などが忙しく休みにくいのに体調が悪くなった時、温泉やプール、海などに遊びに行こうと思った時。小~中学生 … 続きを読む 毎月のつらい生理。解放されたキッカケはオンライン診察からの「低用量ピル」でした

  2. 164837

    40~50代でもバストの悩みが解消できる!?業界のパイオニア「SUNMEDICAL」なら応えてもらえる!

    普段は隠れているところだけれど、美しかったらいいな、服越しにかっこよく見せたいな、と思う体の部位といったら断然バスト。なぜなら、人と会う際、顔を見るのと同時に視界に入ってくるのがバストだからです。つまり、あなたの第一印象 … 続きを読む 40~50代でもバストの悩みが解消できる!?業界のパイオニア「SUNMEDICAL」なら応えてもらえる!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング